技術移転の推進

海外グループ会社における取り組み

当社グループは、海外グループ会社を設立し、当社エンジニアによるグループ会社社員への積極的な技術移転の推進により、当該国におけるエンジニアリング産業の発展に貢献しています。

JGCフィリピン社における取り組み

現場での研修の様子

JGCフィリピン社では、エンジニアの能力向上が同社の企業価値の向上に寄与するという考えのもと、その能力を高める様々な取り組みを継続して行っています。
同社オフィスおよび当社本社での最新設計技術の習得のみならず、当社グループが世界中で遂行するプロジェクトへ同社のエンジニアを派遣することで経験・知見を蓄積し、育成を図ってきました。加えて優秀な人財を、部門マネージャーはもとより、経営マネジメントにも積極的に登用し、モチベーション・帰属意識の向上に取り組んでいます。
このような取り組みを継続し、当社のエンジニアリングセンターとしてエンジニアリング技術を高めるとともに、2016年には同国の建設ライセンス(AAAA)を取得することで、自社でEPCを遂行できる体制を整えました。

産学連携による次世代人財の育成

JGCフィリピン社での技術研修の様子

JGCフィリピン社では、社会貢献活動の一環として、インターンシップの受け入れを行っています。研修生は実際にオフィスで技術研修および一般研修を行った後に、複数の部門をローテーションしながら実際のプロジェクトに携わり、より実践に近い体験を経験しています。この取り組みによって同国内の大学や専門学校と様々な連携を確立し、地域社会のみならずフィリピン国内の次世代の人財育成に貢献しています。