資源循環

循環型社会の実現に貢献

人類が現在まで物質的な豊かさを追求してきた結果により、天然資源由来の様々な製品の大量生産、大量消費、大量廃棄が行われ、資源の枯渇や温室効果ガスの増加といった様々な問題に直面しています。地球上の限りある資源やエネルギーのリサイクルを通じて、環境負荷の低減を実現する循環型社会の構築が求められるなか、当社グループは、廃プラスチックや廃繊維のガス化ケミカルリサイクル、使用済み食用油を用いた次世代航空燃料(SAF)製造の推進など、循環型社会の形成に貢献する幅広い技術のビジネス化を通じて、持続可能な社会の実現に貢献しています。