EPC事業

オイル&ガス分野からインフラ分野へ事業領域を拡大

当社のメインビジネスであるプラント・施設のEPC 事業では、オイル&ガス分野を中心にインフラ分野も含めて、日本、アジア、中東、アフリカ、欧州、北米、南米など世界80か国、2万件におよぶプロジェクトの遂行実績を有しています。オイル&ガス分野では石油・天然ガス開発のアップストリームからダウンストリームに至るすべての領域をカバーし、日本の石油会社はもとより、オイルメジャーや産油国国営石油会社にとってなくてはならないパートナーとして信頼されています。とりわけ、LNG プラントの分野では技術力、実績の両面で世界トップの地位を築いています。
オイル&ガス分野で培ったエンジニアリング技術とプロジェクトマネジメント力を駆使し、発電プラントなどのエネルギーインフラ分野、非鉄金属などの産業インフラ分野、医薬品工場、病院、環境施設などの社会インフラ分野においても、国内外で数多くのプロジェクトを遂行し、顧客の設備投資計画を常に成功に導いています。

加えて当社は、顧客の設備投資計画の創生・選別に必要なフィージビリティースタディー(FS)から、プラントのオペレーション・メンテナンス(O&M)に至る「プラント・ライフサイクル」の様々なステージにおいて顧客のニーズに合わせたサービスを提供します。