水素エネルギーの利用拡大

アンモニアを水素エネルギーキャリアに

世界的な課題であるエネルギーの多様化と低炭素化を実現するため、燃焼時にCO2を排出しない水素エネルギーの利用拡大が期待されています。しかし、水素を気体のまま輸送・貯蔵することは、安全性やコストの面で課題が多く、その活用にあたっては、アンモニアや液化水素、有機ハイドライドなどのエネルギーキャリアに転換することが求められます。
当社は、水素のエネルギーキャリアとして、既に輸送・貯蔵に関わるインフラが整備されており、かつ発電エネルギーとして活用する際に直接燃焼が可能なアンモニアに着目し、関連技術の開発に取り組んでいます。アンモニアは、水素と窒素から構成されているため、燃焼してもCO2を排出しません。

水素を原料とするアンモニア合成の新プロセスを開発

現在、アンモニアの合成は、天然ガスを改質して水素を製造する過程で大量のCO2を排出することが課題となっています。このCO2を削減するため再生エネルギーで水を電気分解して水素を製造する方法の開発が期待されているものの、再生可能エネルギーを活用して合成される水素は低圧であるため、従来のアンモニア合成法を用いるには水素を高圧化する必要があり、エネルギー効率上の問題がありました。そこで、当社は、低圧の水素を用いてアンモニアを合成するための新たな触媒を開発し、同触媒を用いて従来法に比べて低温・低圧条件でアンモニア製造を行う実証プラントを建設しました。当社は今後もアンモニアを燃料とした水素発電の技術確立を目指し、その商業化の実現に向けて技術開発を進めていきます。

水素エネルギーキャリアとしてのアンモニア活用