省エネルギー・環境技術

安全かつ安定的な高効率化システムを構築

当社は、医薬・研究施設の運用・稼働条件に合わせた必要なエネルギーを、システム・制御の検証やシミュレーションなどの技術を駆使して検討します。そして、製造者や研究者が視覚的に把握できるよう、数値化するなどして、安全かつ安定した高効率化システムを構築します。

省エネルギーのトータルコーディネート

当社は、設置機器との調和を図り、運用におけるリスクを考慮することで、作業者の安全性と製造環境の安定性を確保しつつ、確かな省エネ効果のある空調システムを構築します。

例)合成研究所の実績より
ドラフト稼働率:従来比 25%減少
空調搬送動力:従来比 50%減少

BIMと連携したシミュレーションでの妥当性評価

当社は、BIM(Building Information Modeling)のデジタルデザインと連携したシミュレーションによる妥当性評価を用いて、製造者や研究者が視覚的に温度・気流・照度などの必要条件を把握するのに最適なシステムを構築します。

該当室でのシミュレーション
該当室でのシミュレーション
該当室でのシミュレーション
該当室でのシミュレーション
立体自動倉庫のシミュレーション
立体自動倉庫のシミュレーション
立体自動倉庫のシミュレーション
立体自動倉庫のシミュレーション
アイソレーター内部のシミュレーション
アイソレーター内部のシミュレーション