連続製造技術

オイル&ガス分野で培った連続生産技術をライフサイエンスへ

連続生産は、医薬品製造のトレンドとして注目されています。当社は、米国CONTINUUS社との協業、製剤の連続製造技術の調査、連続貧溶媒晶析技術や連続培養技術の開発などの活動を通して、連続生産の実現に向けて、これまでオイル&ガス分野で培ってきたエンジニアリング技術を結集し、医薬品生産のさらなる効率化へ貢献します。

原薬から製剤まで ~CONTINUUS Pharmaceuticals社との協業~

  • 当社は、米国のCONTINUUS Pharmaceuticals社(以下、CONTINUUS社)の技術により、原薬の連続生産を実現します。シームレスに製剤までの連続化も可能です。
  • 本技術は米国ボストンで、パイロットプラントが稼働中です。

  • 当社は、お客様とCONTINUUS社の仲介、国内におけるパイロットから商業設備の建設業務を行います。
CONTINUUS社連続生産コンセプト図
CONTINUUS社連続生産コンセプト図
CONTINUUS社パイロットプラント
CONTINUUS社パイロットプラント

製剤の連続製造技術

当社はいち早く製剤の連続製造に関する技術調査を行い、国内だけでなく欧米の装置メーカーとも技術共有を行っています。また、当社のオイル&ガス分野における連続製造の制御技術をライフサイエンス分野へ活かすことで、医薬品の連続製造を実現し、設備の低コスト化、少量多品種への対応、省スペース・省人化にも取り組んでいます。
さらに、コンパクトな固形製剤連続製造設備の特長を活かして工場をモジュール化することで、工期の短縮および移設が容易なモジュール工場のご提案が可能です。

固形製剤の連続製造

固形製剤の連続製造