スマートファクトリー

日揮

国内の組立加工系製造業の競争力向上をサポート

食品・化粧品工場、物流設備や機械加工などの組立加工(ディスクリート)系の工場を対象に、上流プロセスならびにレイアウト構築を含む構想設計段階からの全体最適を支援していくと共に、IoT/デジタル技術やロボットの導入を含めた自動化技術などを活用し、システムインテグレータ(Sler)としてスマートファクトリー化に向けたトータルシステムの提案・構築を行います。加えて、昨今、各産業において対応が急がれている脱炭素・低炭素化に対するソリューションの提案も併せて行うことで、国内製造業の課題解決や変革の実現に貢献します。

日揮が考えるスマートファクトリー

工場が持つすべての課題解決に貢献

当社グループがご提案するスマート工場は、デジタル化、自動化技術の導入による生産性の向上を目指すだけでなく、環境対策をはじめ工場の運用面に関する課題の解決も併せて実現します。建築設計、機械設計、電気設計など、幅広い設計技術を有するエンジニアリング会社ならではの強みを活かし、お客様が抱えるあらゆる課題に対して構想段階から総合的なご提案を行うと共に、プロジェクト全体を統括して、建設する施設のコスト・品質・スケジュールを最適化します。

工場全体のスマートな操業を可能にする中央管制システム

当社グループが数多くの実績を有するプロセスプラントでは、中央制御室から工場全体を多数のセンサーにより監視・制御しています。組立加工系工場でも、変種変量生産の複雑性をコントロールし、工場内の無駄や滞留を抑制するため、「中央管制システム」のコンセプトを導入し、現場の人・機械との双方向コミュニケーションを通じて、工場全体のスマートな操業を可能にします。

工場内物流を考慮した最適なレイアウト構築

工場の全体最適を目指すためには、デジタル技術等ソフト面での技術導入に加えて、工場全体のレイアウト構築などハード面の最適化が重要です。幅広い技術に精通したエンジニアを有する当社グループは、デジタル技術の導入による製造工程ごとの部分最適に留まらず、物流設計技術の活用をはじめとしたレイアウト構築力を活かして、工場内物流を含む工場全体の最適化を実現します。

当社グループの技術

  • リンク先で403エラーが生じる場合、表示されるまで30秒ほどお待ちいただくか、お手数ですがアドレスバーへ「https://next.jgc.com/」を直接ご入力願います。
    現在サーバーの設定を変更しております。ご不便おかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

関連する分野

先端技術で、希少金属資源の生産拡大に貢献

交通インフラの海外展開を促進

人々の豊かな暮らしを基盤から支える

水インフラの構築に貢献

都市インフラ機能のインテグレーションで複合インフラの実現をサポート

国内の組立加工系製造業の競争力向上をサポート

ファームエンジニアリングの始動