プラント材料選定コンサルティングサービス

当社は長年にわたるプラントの設計、建設およびメンテナンスにより蓄積した材料関連のデータを基に、様々なプロセスに対応した材料選定サービスをご提供します。

特長

  • 長年蓄積してきた材料技術データ、プラントの建設実績に基づいたエンジニアリングデータ、損傷事例、最新の材料技術情報を駆使して、最適な材料を選定します。
  • 耐食性評価による材料選定に留まらず、エンジニアリング会社の特徴を活かし、各種設計コードや適用規格類の評価、入手性、溶接性や加工性などの評価を含め、現実的な材料を選定します。
  • プロセスの開発・改良においてプラント材料選定は非常に大きな影響を与えます。これまで経験のない複合した腐食環境条件に対して、長年蓄積してきた各種腐食評価試験結果を応用し、さらには必要に応じて新たな腐食評価試験を実施して、最適な材料を選定します。

腐食評価による材料選定フロー

腐食評価による材料選定フロー
  • 損傷したプラントに対して損傷解析を行い、原因の解明および材料の変更など対策の提案を行います。
  • 長年使用したプラント材料に対して、供用適性評価(FFS)や余寿命評価を行い、材料の更新や補修の要否を適切に判断します。
  • 金属材料に限らず有機材料、無機材料にも対応します。
  • ガス処理プラント、石油精製プラント、石油化学プラント、医薬品、廃棄物処理などを含む一般産業プラントなどあらゆるプラントの材料選定に対応します。