環境保全

地球環境の保全に貢献

幅広いエンジニアリング事業を通じて培った知見を活かして、大気汚染の改善・水質浄化・地球温暖化防止などの環境保全事業を展開しています。

水質浄化・下水汚泥処理

近年、中国をはじめとする新興国では、急激な経済成長に伴う河川や湖沼の水質汚染が深刻化しています。また、下水処理場の普及に伴って発生する下水汚泥の処理が次の問題として浮上しています。対策が急務となっているそれらの問題に対して、当社はエンジニアリング技術を用いて解決に取り組んでいます。

大気汚染改善事業

PM2.5に代表される大気汚染が中国で大きな社会問題となっていますが、同様の問題は世界各地で発生しています。かつて同じ問題に悩まされ、克服してきた日本には改善技術の蓄積があります。当社はグループ企業が持つ触媒、脱硫および脱硝などの環境対策技術を統合し、中国や世界各地の大気汚染改善に努めています。

エンジニアリングと環境の調和を目指して

急激な気候変動や生物多様性の確保など、環境に対する世界の潮流は変化を続けており、企業には資源利用効率の向上とクリーン技術および環境に配慮した技術・産業プロセスの導入拡大を通じたインフラ改良や産業改善により、持続可能性を向上させることが求められています。当社は温室効果ガスの削減に寄与するCO2の斬新な回収技術や地中貯留技術(CCS:Carbon Capture and Storage)を開発し、太陽光や風力などのグリーンエネルギー活用拡大についても国内外で様々な取り組みを行っております。今後高まる地球温暖化対応技術をさらに発展させ、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

主なプロジェクト

関連する分野

国のエネルギー政策を支えるLNG受入基地ターミナルを実現

世界のエネルギー需要を支える

高度な技術力で、原子力の安全性や信頼性向上に貢献

持続可能な社会を実現

先端技術で、希少金属資源の生産拡大に貢献

地球環境の保全に貢献

お客様への想いが、日揮医薬品エンジニアリングの原動力

日揮のプロジェクトマネジメントとエンジニアリング手法による新しい病院づくり

ファームエンジニアリングの始動

人々の豊かな暮らしを基盤から支える