FLNGプラント

顧客名 ペトロナス社(マレーシア国営石油公社)
場所 マレーシア サバ州沖合
完工年 非公表
役務範囲 基本設計(FEED)
設計・調達・建設
据付・試運転
キャパシティ 1,500,000T/Y

当社は韓国のサムスン重工業社とコンソーシアムを組成し、2012年に年産150万トンのFLNG(浮体式LNG生産貯蔵積出)プラントに係わる基本設計(FEED)、2013年に設計、調達、建設、据付、試運転(EPCIC)役務を受注しました。

本プロジェクトは、ペトロナス社(マレーシア国営石油公社)がマレーシア国サバ州沖合いのガス田向けに、同国2基目となる洋上LNGプラントを新設するプロジェクトです。当社はリーダーとしてトップサイドと呼ばれる船上のプロセスモジュール部分を、サムスン重工業社が船体を主に担当しています。

波の影響を強く受ける外洋に設置可能な本格FLNGは技術的難易度が特に高く、トップサイドのEPC受注・遂行実績を有するのは、世界でも当社と仏テクニップFMC社の2社に限定されています。また、本プロジェクトは水深1,000メートルを超える深海ガス田向けのFLNGプラントとして、世界初の事例となり、海洋油ガス業界において先駆的なプロジェクトとなります。

関連プロジェクト