1. Top>
  2. メディアセンター>
  3. ニュースリリース2016>
  4. アルジェリアで昇圧設備増設プロジェクトを受注

ニュースリリース2016

2016/12/08

アルジェリアで昇圧設備増設プロジェクトを受注

日揮株式会社(JGC CORPORATION)(代表取締役会長:佐藤雅之、横浜本社:横浜市西区みなとみらい2-3-1)は、当社現地法人のJGCアルジェリア社と共同で、アルジェリア国営炭化水素公社(ソナトラック社)が同国ハッシルメル地区において操業するガス処理プラント向け分離・昇圧設備の増設プロジェクトを受注しましたのでお知らせします。プロジェクトの詳細は、下記の通りです。

1.契約先

アルジェリア国営炭化水素公社(ソナトラック社)

2. 建設地

アルジェリア国 ハッシルメル(Hassi RMel)地区

(首都アルジェから南に500km離れた内陸部)

3. 契約内容

昇圧設備一式に係る設計、機材調達、建設工事、試運転および性能試験

4. 契約形式

ランプサムターンキー契約

5.契約金額

1,200億円

6.工期

38か月

7.プロジェクトの概要

本プロジェクトは、安定生産を維持する目的で、ソナトラック社が同国ハッシルメル地区において操業するガス処理プラント向けの原料ガスを昇圧する設備を増設するものです。

当社は、アルジェリアにおいて、1969年にアルズー製油所の建設プロジェクトを受注して以来、約50年に亘り、ソナトラック社、ならびにメジャーオイル向けプロジェクトを遂行してきた実績を有します。特に、アルジェリア最大のガス生産基地であるハッシルメル地区では、1970年代より、数多くのプロジェクト遂行実績を重ねてまいりました。

本プロジェクトの受注にあたっては、アルジェリアにおいて最も豊富な経験を有するエンジニアリング会社である当社の卓越した技術力や同国内におけるプロジェト遂行上の知見などが、総合的に評価されたものと考えております。当社は、今後も資源開発投資が期待される同国において、引き続き積極的な営業活動を展開していく所存です。

関連情報