1. Top>
  2. メディアセンター>
  3. ニュースリリース2016>
  4. フィリピンで火力発電所建設プロジェクトを受注

ニュースリリース2016

2016/07/07

フィリピンで火力発電所建設プロジェクトを受注

-新中期経営計画のもと、エネルギーインフラ分野に本格進出-

日揮株式会社(JGC CORPORATION)(代表取締役会長 佐藤雅之、横浜本社 横浜市西区みなとみらい2-3-1)は、当社現地法人であるJGCフィリピン社(JGC PHILIPPINES, INC.)と共同で、サランガニ・エナジー社(Sarangani Energy Corporation)がフィリピン共和国ミンダナオ島サランガニ州において進めている火力発電所建設プロジェクトの第二期工事を受注しましたのでお知らせいたします。プロジェクトの詳細は下記の通りです。 

1.契約先

サランガニ・エナジー社(Sarangani Energy Corporation
(出資者:Alsons Consolidated Resources, Inc.75%、豊田通商株式会社25%

2. 建設場所

フィリピン共和国ミンダナオ島サランガニ州

(Sarangani, Mindanao, Republic of the Philippines)

3. 契約

210MW(105MW×2系列)の発電能力を持つ火力発電所の第二期工事(105MW×1系列)に係わる設計、機材調達、建設工事および試運転(EPCC)役務

4. 契約形態

ランプサム契約

5. 受注金額

非公表

6. 納期

 20194月末を予定

7. プロジェクトの概要

フィリピンでは人口増加や安定した経済成長に伴い、電力需要が年々増加傾向にありますが、中でもミンダナオ島は電力需給が逼迫しており、新たな電源開発が急務となっています。本プロジェクトは、210MW(105MW×2系列)の発電能力を持つ石炭火力発電所の第二期工事であり、発電される電力はミンダナオ島内のサランガニ州や島内の主要都市であるジェネラルサントス市に供給され、同地域の産業発展と住民生活の安定に貢献することが期待されています。

本プロジェクトでは、循環流動層ボイラを採用、低温での二段階燃焼を行い、大気汚染物質である窒素酸化物(NOx)や硫黄酸化物(SOx)の生成を抑制し、さらに、排ガスに含まれる煤塵を適切に回収、処理するなど自然環境に配慮した設計を行ってまいります。

 JGCフィリピン社は1989年に設立され、当社が受注したプロジェクトの詳細設計拠点として活動してまいりましたが、近年は蓄積した知見を活かしフィリピン国内のEPC案件を独自に遂行しております。当社のプロジェクトマネジメント能力とJGCフィリピン社が有するフィリピン国内の知見を活かし、グループとしてのシナジーを発揮することで本プロジェクトを成功裏に完成させ、同国のみならず、世界における当社グループの事業拡大を目指してまいります。

当社は、去る5月に発表した新中期経営計画「Beyond the Horizon」において、オイル&ガス分野以外のエネルギーインフラ、ならびに産業インフラ、社会インフラへの事業領域の拡大を基本方針として掲げております。今回の受注を足掛かりに、エネルギーインフラにおける発電分野への本格的な進出を加速させ、今後も成長・拡大が見込まれるASEAN地域の発展に貢献してまいります。

関連情報