1. Top>
  2. 事業情報>
  3. テクノロジー・イノベーション>
  4. 処分環境における放射性核種安全評価サービス

処分環境における放射性核種安全評価サービス

放射性廃棄物処分場を設計するには、10万年を超える期間の放射線被ばく線量を評価することが必要です。日揮(JGC)は、放射性物質の移行実験やシミュレーション技術を駆使した分析検討を行っており、放射性廃棄物処分の安全性の評価や処分場設計に貢献できます。放射性廃棄物処分の分野において、長年にわたって培った技術や知見は、有害廃棄物の処分安全性や炭酸ガスの地中隔離技術の検討にも活かされます。

特長

  • ・低酸素環境のグローブボックス(O2濃度<1ppm)を使用し、地下環境を模擬して評価します。
  • ・放射性物質を使用して評価できます。(Puを除く)

低酸素環境試験用グローブボックス

透水試験装置

適用

  • ・有害物、放射性物質の移行データの取得
     - 拡散係数、分配係数、溶解度、透水係数など
     - バリア材の変質挙動など
  • ・有害物、放射性物質の移行シミュレーション

実績

  • ・模擬放射性廃棄体の浸出率
  • ・セメントモルタル/コンクリート、ベントナイト等 バリア材の分配係数
  • ・バリア材の拡散係数
  • ・ベントナイトの透水係数
  • ・ベントナイトの地下水による変質挙動

関連情報

  • メディアセンター
    最新のニュースリリース、
    各種ブローシュアなどを
    ご覧いただけます。