1. Top>
  2. 事業情報>
  3. テクノロジー・イノベーション>
  4. 損傷解析・補修技術

損傷解析・補修技術

メンテナンス分野における信頼性や安全性の向上に対して、損傷解析や補修に関する技術は非常に重要な役割を担っています。特に、設備の高経年化が進む一方で運転条件が一層厳しくなりつつある現状においては、これらの技術の重要性は今後ますます高まると予想されます。

損傷解析

損傷状況を調査し、その原因の推定および対策の提案を目的に行う損傷解析に対して、日揮(JGC)では次のような特徴の
あるサービスを提供します。

  • ・長年にわたって蓄積した材料/腐食/溶接に関する膨大なデータに加え、プロセス条件や各設備の特徴を考慮したうえで、
     効率的な解析計画を立案し、最適な対策を提案します。
  • ・材料/腐食/溶接の観点からの損傷解析と、FEM解析による応力評価や流体解析の技術(CFD)を組み合わせることで、
     損傷原因の推定および対策の提案に関して、高度な技術サービスを提供します。
  • ・これまでに経験のない腐食環境に対しては、最適な腐食評価試験を提案します。金属材料に限らず、有機材料にも
     対応します。
  • ・当社の技術研究所で保有している様々な試験/分析機器を活用し、さらには国内外の試験機関やコンサルタントとの
     ネットワークを駆使することで、あらゆるニーズに迅速に対応します。

補修技術

信頼ある補修を実現するためには、様々な角度から検討が必要になります。当社では、最適な補修方法を提案するに当たって、次のような特徴のあるサービスを提供します。

  • ・共用適性評価(FFS)を用いて、補修の要否を適切に判断します。また、関連技術として、Cr-Mo鋼加熱炉管では、
     予寿命評価サービスも長年にわたり実施しています。
  • ・国内外のプラント建設で得た材料技術データ、損傷事例データ、最新の材料関連技術情報を活用し、最適な補修材料
     を選定します。
  • ・経年劣化した材料に対しては、劣化のメカニズムおよび劣化の程度を推定し、溶接補修の可否などを適切に判断しま
     す。経年劣化材の溶接補修においては、脱脆化処理や溶接後熱処理なども含め、最適な溶接施工方法を提案します。
  • ・金属材料に限らず、有機材料にも対応します。

当社では、メンテナンスを支えるこれらの技術を駆使して、お客様のあらゆる御要望にお応えします。

損傷解析・補修技術

関連情報

  • メディアセンター
    最新のニュースリリース、
    各種ブローシュアなどを
    ご覧いただけます。