1. Top>
  2. 事業情報>
  3. テクノロジー・イノベーション>
  4. バイオマスエタノール製造プロセス

バイオマスエタノール製造プロセス

セルロース系バイオマスを原料とする、エタノール製造技術です。バガスなどのバイオマスを水蒸気や希硫酸などで前処理をし、酵素を加えて加水分解をすることにより、グルコース、キシロースなどの単糖類を高効率で製造します。これらの糖を発酵させ、エタノールに転換します。

バイオマスエタノール製造プロセス

特長

  • ・原料として、食材とならない農業系廃棄物や廃木材などのバイオマスを利用します。
  • ・糖化時の工夫により酵素の使用量を減らし、コストダウンを図ります。
  • ・リグニンなどの不溶性成分と廃液のメタン発酵により生成されたメタンを燃料として利用する省エネルギー型プロセスです。

適用

  • ・原料
     - セルロース系バイオマス(バガス、廃木材、古紙など)
     - セルロースを含む産業廃棄物など(食品工場から排出されるコーヒー粕、茶粕、パームオイル絞り粕など)
  • ・製品バイオエタノール
     ガソリンブレンド基材、工業用アルコールなどに使用
     製造した糖はエタノールだけでなく、その他化学製品の製造にも使用可能。

開発状況

NEDOの委託事業として、20㎥の反応装置を使用し技術を実証します。
現在、国内外での商業化案件を検討中です。

関連情報

  • メディアセンター
    最新のニュースリリース、
    各種ブローシュアなどを
    ご覧いただけます。