1. Top>
  2. 事業情報>
  3. テクノロジー・イノベーション>
  4. 有機化合物の高度脱水プロセス(蒸気相PSA技術)

有機化合物の高度脱水プロセス(蒸気相PSA技術)

複数の吸着塔を用いて、吸着(大気圧下あるいは加圧下)と脱着(減圧下)を繰り返すことによって、水を含んだ有機化合物から水を除去する高度脱水プロセスです。本プロセスは、従来法と比べ、ユーティリティ使用量が少なく、操作が容易です。

有機化合物の高度脱水プロセス(蒸気相PSA技術)

共同開発:日本合成アルコール株式会社

特長

  • ・他の脱水技術(共沸蒸留、温度スイング吸着法)と比較して、
     第3成分(共沸剤)や高温熱源が不要です。
  • ・操作(停止・再起動)が容易です。
  • ・高度な脱水(100 ppm以下)が可能です。

適用

  • ・有機化合物、特に水と共沸する有機化合物の脱水
     例: エタノール、イソプロピルアルコール、テトラヒドロフランなど

実績

  • ・エタノール脱水 1基
  • ・イソプロピルアルコール脱水 2基
  • ・テトラヒドロフラン(THF)脱水 3基+1基(設計中)

関連情報

  • メディアセンター
    最新のニュースリリース、
    各種ブローシュアなどを
    ご覧いただけます。