1. Top>
  2. 事業情報>
  3. 建設

建設

高い技術と熱い情熱、極限の地に壮大なプロジェクトのフィナーレ。

未開の大地、砂漠、ジャングル、極寒、異文化の地。いかなる条件下においても顧客の要望を満たす巨大なプラントを成功裡に完成させる。それが、日揮(JGC)の建設サービスです。プロジェクトの最終段階である建設は、安全、工期、品質および予算を守る最後の砦。

スタッフ・労働者・建機・資材といった建設リソースをグローバル規模で有機的かつ効果的に組み合わせ、最短の工期と最小のコストで安全と品質を担保した工事を遂行するための緻密な計画を立案します。遂行段階では、現地に見合った工法、複雑なリソースを効率的に活用するためのシステムを用い現場を管理します。

当社は、不確実な要素が多いプラント建設計画と遂行において、長年にわたり蓄積してきた建設マネジメントノウハウを駆使し、予期せぬ問題にも的確に対処しながらプラント完成というプロジェクトの最終目標に向かって、関係者一丸となった建設サービスを提供して参ります。

  1. 1.フィージビリティスタディ~プロジェクト受注 段階

    世界中のあらゆる地域や環境において様々な目的を持って建設されるプラントは、一つとして同じものは存在しません。過去50年におよぶ海外での実績は、データベースとして蓄積されており、そのノウハウを最大限活用したリスク分析を行い、最適な建設計画の策定および的確なコストを算定し、プロジェクトの受注活動を支えます。

  2. 2.プロジェクト開始~現場着工 段階

    現場着工に向けてより詳細な建設計画を行い、世界中から最適なサブコントラクターの選定、スタッフの雇用等具体的な建設リソースの確保を行います。また、Phase1~2においてはConstructability Studyと呼ばれる工事スケジュールや手順に基づく要求事項を立案し、上流工程である設計・調達にフィードバックすることによりプロジェクト全体の最適化に寄与します。当社には、自社で確立したWBS (Work Breakdown Structure)を用いて作業を細分化し、最適なスケジュールロジックとリソースの動員を実現するノウハウがあります。また、自社開発した 4D CAD SYSTEMを活用してシミュレーションを行い、精度の高い工事計画を策定します。

  3. 3.現場着工~完工 段階

    世界各国に点在する建設現場では、毎日約40,000人の多国籍スタッフ、労働者が従事しています。世界中から集められてくる膨大な人員、数十万トンにも上る複雑な資機材を緻密にコントロールし、常に最大限のパフォーマンスを引き出し工程を守ることが建設遂行の醍醐味です。当社で開発した CMS(Construction Management System)は、設計、調達から配信される上流の情報をハンドリングし、作業量の予測、適正なリソースの配置、および設計、調達へのフィードバックを行っています。もちろん、安全・品質を保つことは言うまでも無く、近年100,000,000時間無事故無災害(毎日30,000人以上が一年間工事作業に従事して一人も大きな怪我をしないレベル)という世界的な記録を樹立した現場もあり、その安全管理は顧客からも高い評価を得ています。

関連情報

関連情報

  • メディアセンター
    最新のニュースリリース、
    各種ブローシュアなどを
    ご覧いただけます。