1. Top>
  2. 会社情報>
  3. 各種方針

各種基本方針

日揮グループの各種方針をご紹介します。ご覧になりたい方針をクリックしてください。

CSR基本方針

私たちは、世界経済と社会の繁栄ならびに地球環境の保全に貢献し、社会と地球環境の持続可能な発展に寄与することが日揮グループの事業活動の基盤であると認識し、社会の一構成員(企業市民)としての役割を果たします。

  1.  私たちは、品質・安全・環境の重要性を理解し、事業活動を行います。
  2.  私たちは、「日揮グループらしさ」を活かした社会貢献活動を行います。
  3.  私たちは、国内外の法令を遵守するとともに、適正なガバナンス体制のもとで、
     公正で誠実な事業活動を行います。
  4.  私たちは、ステークホルダーに対して適時・適切に情報を開示します。
  5.  私たちは、相互の信頼と責任に基づき、能力と活力を引き出すフェアな人事施策の維持・向上に努めます。
  6.  私たちは、常にCSR意識の向上に努めるとともに、ステークホルダーからの声も反映させ、
     CSR活動の向上に努めます。

index

HEALTH, SAFETY AND ENVIRONMENT (HSE)CORPORATE POLICY

JGC’s corporate management is committed to providing a safe and healthful place of work throughout all of JGC’s facilities,offices and work sites and to making every effort towards eliminating or minimizing any environmentally adverse effects of JGC’s operations.

Thus,JGC will,in all of its operations and at all locations where work is being carried out under its control,promote the highest standards in health, safety,and environmental preservation and protection by establishing, implementing and maintaining an HSE Management System that will include such elements as targets and standards for HSE performance,HSE education programs and motivational incentives,and assessments and accountability for achievement of those targets and standards.

To meet this commitment,JGC in carrying out its operations, will in all cases, abide by the following principles:

  • Provide plants that meet the highest standards for safety and operation, and place the minimum burden on the environment.
  • Place the highest priority on the health and safety of personnel and on the preservation and protection of the environment.
  • Plan and perform work in accordance with the HSE Management System.
  • Hold employees,including those of Vendors and Subcontractors, responsible for their own HSE and that of their colleagues.
  • Ensure that personnel are trained in HSE.
  • Review,monitor and measure HSE performance for continual improvement.
  • Provide full cooperation to clients,statutory authorities and local communities.

This policy shall be posted at all locations under JGC control, and all those engaged in work for JGC or present at those locations shall be aware of its contents and shall commit themselves to its fullest implementation.

index

安全衛生方針

日揮株式会社は、持てる技術・知識・経験を駆使して、業務に関わるすべての人の安全の維持と健康の増進、
物理的な損害と経済的な損失の防止に努め、顧客、産業界をはじめ、広く国際社会に貢献する。

上記の理念を具現化するにあたり、次のとおり基本方針を宣言する。

  1. 第一に  トップマネジメントおよび全従業員は、事故・災害ゼロを目標として不断の努力をする。
  2. 第二に  トップマネジメントは、全従業員の安全衛生意識を間断なく啓発する。
  3. 第三に  プロジェクトの場所、種類、規模に係わりなく、定められた規則を厳格に適用し、
      顧客の要求と社会の要請を厳正に反映させる。

日揮株式会社は、この基本方針をトップマネジメントおよび全従業員ならびにすべての協力会社に周知し、
その実施を確実なものとする。

index

品質方針

日揮は、新中期経営計画 "Beyond the Horizon" で、日揮グループの10年後のあるべき姿に向けた成長戦略を示しました。 この計画に基づき、当社が遂行する全てのプロジェクトを成功させるため、以下を当社の品質方針として定めます。

  1. 日揮グループが蓄積してきた価値ある知識と技術を結集し、システムと人財のグローバルな活用により、日揮グループ全体で"JGC Quality"として、適用される要求事項を全て満たす品質を提供します。
  2. オイル&ガス分野では、リスクと機会を的確に捉え、プロジェクト遂行能力並びに技術優位性追求による競争力を一層強化するとともに、オフショアプロジェクトへの積極的展開を含め、マーケット・事業領域の拡大を進めます。
  3. オイル&ガス分野とともにインフラ分野での展開を一段と加速し、発電、メタル、ライフサイエンス、ヘルスケア、空港などインフラ分野のプロジェクトの海外展開を積極的に推進します。
  4. 強いオーナーシップと豊かな発想力を持ち、あらゆる改革や改善を断行し、部門間や個人のサイロを壊して自ら考え、自ら他を巻き込んで行動し、継続的改善を推進し、成長していく「進化する組織」となります。
  5. 顧客が困難に面した時に真っ先に思い浮かべる会社、あるいは新しいことや高度なことに挑戦したい時、一番頼りになる会社として日揮の名前が最初に出てくるように、社会から求められる会社となります。

index

環境方針

日揮株式会社は、人と地球の豊かな未来を創るグローバルエンジニアリング会社として地球環境の保護に貢献するために、以下の環境方針を定める。

  1. オフィス活動及びプロジェクト遂行の環境目標を定め、定期的に見直し、その達成に努めると共に環境マネジメントシステムの維持、汚染の予防及び継続的改善に努める。
  2. 自社の技術を活用し、地球環境保護に関する顧客への提案に努める。
  3. 環境保護に関する各種法規制、並びに顧客及び利害関係者との合意事項を順守する。
  4. オフィス活動を通じ、廃棄物の減量、再利用、使用資源の低減及びエネルギー削減等環境負荷の低減を行う。
  5. プロジェクト遂行時の、設計・調達・建設の各段階において、次のとおり実践する。
  • 設計においては、省資源及び省エネルギー、大気汚染の防止、水質汚濁の防止、土壌汚染の防止等、環境負荷の低減に努める。
  • 調達においては、環境保護への前向きな取り組み姿勢を協力会社に奨励する。
  • 建設工事においては、使用資源の最小化や廃棄物の減量、再利用の促進、大気汚染の防止、水質汚濁の防止、土壌汚染の防止により、環境への影響の低減を行う。

index

社会貢献活動基本方針

日揮グループはCSR基本方針において、「社会と地球環境の持続可能な発展に寄与する」ことを宣言しており、
この実現に向けて4つの重点分野を定めて「日揮グループらしい」社会貢献活動を行います。

  1. 環境 環境保全に積極的に関与する。
  2. 教育 次世代の人材育成に寄与する活動を支援する。
  3. 科学技術 持続続可能な発展の基盤となる科学技術を支援する。
  4. 地域貢献 我々が活動する地域の持続可能な発展に貢献する。

index

IR基本方針

  1. 1. ディスクロージャーの基準

    当社では、金融商品取引法の「企業内容等の開示」および東京証券取引所の定める「上場有価証券の発行者の会社情報の適宜開示等に関する規則」(以下「適宜開示規則」という)に沿って正確、公平かつ適時なディスクロージャーを行うようにしています。

    また、当社では、決算説明会での発表内容等、適時開示規則に該当しない情報についても、投資家の需要に応えるべくできるだけ積極的かつ公平に開示する方針です。

  2. 2. 情報の開示方法

    適時開示規則に該当する情報の開示は、同規則に従い、東京証券取引所への説明の後、同取引所の提供する適時開示情報システム(TDnet)にて公開しています。

    また、適時開示規則に該当しない情報を開示するに当たっても、適時開示の趣旨を踏まえて適切な方法によりできるだけ正確かつ公平に当該情報が一般の投資家に伝達されるよう配慮しています。

    従って、当社の開示情報の確認をされたい場合には、当ホームページと共にTDnet等ほかの情報も合わせて参照するようにお願いいたします。

  3. 3. 将来の見通し

    当社では、東京証券取引所に提出する収益予想に加えて、投資家や証券アナリストの皆様が自ら当社の業績に関する予想を立てられるよう、見通しに関するガイダンスを提供する場合があります。また、講演、質疑応答、当社の発行する書面、ホームページ記載内容等には、現在の計画、見通し、戦略などが含まれている場合があります。

    いずれの場合におきましても、歴史的事実でないものは、一定の前提の下に作成した将来の見通しであり、また現在入手可能な情報から得られた当社経営者の判断に基づいています。

    従いまして、当社の業績、企業価値等を検討される際は、これら見通しのみに全面的に依拠されることは控えて頂けるようお願いいたします。

    実際の業績は、さまざまな要素により、これら見通しとは大きく異なる結果になりうることをご承知おきください。

    実際の業績に影響を与える重要な要素としては、(1)当社を取り巻く国内および世界経済情勢、(2)国内および世界のエネルギー需給、(3)為替レート、などです。ただし、業績に影響を与えうる要素はこの限りではありません。

  4. 4. 沈黙期間について

    当社は、決算発表直前に「沈黙期間」を設けて、決算発表資料準備期間中に株価に影響のある情報が漏れることを防ぐために、決算に関するコメントや質問への回答を控えています。

    但し、「沈黙期間」中に予想を大きく外れる見込みが出てきた場合には、適宜、プレスリリースにより情報公開を行います。

index

日揮グループ個人情報保護方針

日揮株式会社および日揮グループ各社は、個人情報保護の重要性を踏まえ、個人情報保護に関しての方針を
以下の通り定めて、これを実施することに努めています。

  1. 個人情報は、事業活動に必要な範囲内で、適切に収集、利用、提供いたします。
  2. 個人情報への不正アクセス、紛失、破壊、改ざんおよび漏洩等を予防するため、
    合理的な安全対策を講じるとともに、必要な是正措置を講じます。
  3. 個人情報に関する法令およびその他の法規を遵守します。
  4. 個人情報保護に関する取り組みを継続的に見直し、改善・向上に努めます。

index

日揮グループ情報セキュリティ方針

日揮株式会社および日揮グループ各社は、情報および情報システムが会社の重要な資産であり、
また情報セキュリティが顧客、取引先等からの信頼を獲得・維持する上で必須であることをふまえ、
下記の通り、情報セキュリティに関しての方針を定めて、これを実施する。

  1. 情報セキュリティに関する法令、規則、規範を遵守する。
  2. 情報資産は、事業活動に必要な範囲内で、適切に利用する。
  3. 情報への不正アクセス、紛失、破壊、改ざんおよび漏えい等を予防するため、
    合理的な安全対策を講じるとともに、必要な是正措置を講じる。
  4. 情報セキュリティを推進する組織を設置し、継続的に情報セキュリティに関する取り組みを行い、
    またその継続的な見直し、改善、向上を図る。
  5. 情報セキュリティについて必要な教育を行い、各従業員に対する啓発を図る。

index

公的研究費の管理・監査体制

日揮株式会社では、以下の責任体系により、公的研究費の適正な運営・管理を行うと共に、
社内外からの相談および通報窓口を設置し不正行為の事前防止を推進します。

責任体系

最高管理責任者 統括管理責任者 コンプライアンス推進責任者
職名 代表取締役社長 公的研究費を含む研究開発を所掌する本部長又は当該研究開発事業等を審査する委員会の委員長 研究開発を所掌する本部内管理部門長およびコンプライアンス室長
役割 当社全体を統括し、公的研究費の運営・管理について最終責任を負う。 最高管理責任者を補佐し、公的研究費の運営・管理について当社全体を統括する実質的な責任と権限を持つ。 統括管理責任者の指示に従い、当社内の各部門における公的研究費の運営・管理について実質的な責任と権限を持つ。またコンプライアンス教育を実施し、受講状況を管理監視する。

  • 公的研究費の運営・管理に関する社内外からの相談窓口
  • 日揮株式会社 プロセス技術本部 技術イノベーションセンター
    E-mail: kotekikenkyuhi@jgc.com


  • 公的研究費の運営・管理に関する社内外からの通報窓口
  • 日揮株式会社 コンプライアンス室
    E-mail: compliance@jgc.com

index

関連情報


  • 株価情報
    現在の当社の株価情報を
    ご覧いただけます。