1. Top>
  2. 会社情報>
  3. 沿革

沿革

1928~

 日揮株式会社(旧社名 日本揮発油株式会社)は、1928 年10 月25 日東京市麹町区内幸町に資本金250 万円で設立されました。設立目的は米国UOP( ユニバーサル・オイル・プロダクツ) 社所有のプロセスライセンスを購入し、太平洋沿岸に製油所を建設してその経営を行うことでした。その後、諸般の事情から製油所経営を断念し、主にUOP 社プロセスのライセンス業を主体に事業を進め、並行して1930 年代からエンジニアリング事業を開始しました。

創業者・實吉雅郎氏

創業者・實吉雅郎氏


1950~

 戦後復興の波の中で石油精製プラントの新設・近代化、石油化学工業の勃興を背景に、本格的にエンジニアリング事業を開始しました。1956 年には日本初のグラスルーツ製油所である出光興産株式会社 徳山製油所の新設プロジェクトを一括受注して短納期で完成させ、エンジニアリングコントラクターとしての評価を確立。その後も新規製油所建設計画、石油化学コンビナート建設計画が相次ぎ、エンジニアリングを通じて日本経済の高度成長を支えました。

出光興産株式会社の徳山製油所

出光興産株式会社の徳山製油所


1960~

 1965 年我が国プラント輸出の先駆けとなる南米向けの製油所建設プロジェクトを相次いで受注し、本格的な海外進出を果たしました。その後も中国、東南アジア、北アフリカ、東欧へと市場を拡大。事業の多角化にも着手し、原子力・医薬・食品分野に参入しました。1969 年東証一部に上場し、1975 年には海外案件の受注比率が50%を越え、事業のグローバル化の基盤を築きました。 1976 年社名を日本揮発油株式会社から日揮株式会社に変更しました。

ペルーの製油所現場を視察される皇太子殿下(現天皇陛下)

ペルーの製油所現場を視察される
皇太子殿下(現天皇陛下)


1980~

 1980 年に受注したクウェートの製油所近代化プロジェクトでは、今日のプロジェクトマネジメントの先駆けとなる手法を全面的に適用、成功裏に完成。1985 年のプラザ合意に端を発した円高進行によりもたらされたコスト競争力の低下に対応するため海外拠点作りも推進し、世界各地で石油精製・石油化学・LNG など大型プロジェクトを連続して受注し、世界有数のエンジニアリングコントラクターとして確固たる地位を占めるに至りました。
 1997 年には東京都千代田区大手町の本社機能と横浜市南区のエンジニアリングセンターを統合し、横浜市西区みなとみらい地区にワールドオペレーションセンター(横浜本社)を開設しました。

タイ王国マプタット地区の製油所(1996年完工)

タイ王国マプタット地区の製油所(1996年完工)

写真中央のビル(クイーンズタワーA)が横浜本社

写真中央のビル(クイーンズタワーA)が横浜本社


2000~

 2000 年代に入ると新興国でのエネルギー需要拡大を背景に原油価格が高騰、湾岸諸国では空前のプラント建設ブームが始まりました。また世界的な環境保全意識の高まりから天然ガス関連の投資も拡大し、LNG プラントや世界で3 例目となるマレーシアでの洋上LNGプラント建設プロジェクトを受注、LNG 分野のスペシャリストとして世界の4 強を占める地位を確立しました。

 2011年からは、目標とする企業像を「Program Management Contractor & Investment Partner」と定め、プラント事業において、開発計画の策定段階からオペレーション・メンテナンスに至るまで一貫して事業に関与することで、多様化する顧客のニーズにトータルで貢献すると共に、日揮(JGC)グループとしてシナジーを生かせる分野での投資事業にも取り組んでいます。

サウジアラビア王国ラービグ地区の石油精製・石油化学統合コンプレックス(2008年完工)

サウジアラビア王国ラービグ地区の石油精製
・石油化学統合コンプレックス(2008年完工)

マレーシアの洋上LNGプラント(完成予想図)

マレーシアの洋上LNGプラント(完成予想図)


関連情報


  • 株価情報
    現在の当社の株価情報を
    ご覧いただけます。