プラントに魂を吹き込む。

プロセスエンジニア

プロセスエンジニアリング部
2011年入社

入社の理由

大学では「リチウム電池の電極材料」について学んでおり、プラント業界は馴染みのうすい業界でした。しかしながら、当社に入社した大学の先輩から仕事の魅力を聞く機会があり、そのやりがいやスケールの大きさに心を惹かれました。入社以来、「完全オーダーメイドの巨大プラント建設」に魅了され続けています。

現在の仕事内容

私が所属しているプロセスエンジニアリング部は、FEED(Front End Engineering Design)と呼ばれる、顧客の事業計画に沿ったプラントの基本仕様の立案・決定と、その決定した基本仕様に即して基本設計を行っている部署です。プラントの根幹となる基本設計では、プロセスフローの作成、シミュレーション、機器・配管のサイジングに加え、プラントの物理的な構成要素であるすべての機器・配管・配管付属品・計器を書き示すP&ID(Piping and Instrumentation Diagram)の作成を行っています。この基本設計での決定や設計遅れ・ミスは、プラント費用や建設工程の遅れに直結するため、日々身の引き締まる想いです。その中でポイントとなるのは、顧客の満足度とプロジェクトスケジュールを両立できるアイデアを生み出すこと。そして、より良い提案をすることで顧客から信頼感を得られた時が、何よりも嬉しい瞬間です。ただし、それは一人の力でできることではありません。社内外を問わず積極的にコミュニケーションを取ることが、成功につながる唯一の方法だと思います。社内ではプロジェクト部や他の設計部門、社外では顧客の他、工事に必要な機材を手配していただくベンダー、ライセンサー(ある特定のプロセスフローの特許を持つ企業)など、関わる人は多岐にわたります。

  • 成長を感じたエピソード

    入社4年目、クウェートの石油精製プラントのプロジェクトで、蒸気ユニットを担当したことです。太い配管が多かったため、揺り戻しのない設計が必要でした。顧客と何度も協議を重ねるうちに蒸気ユニットに関しては誰よりも詳しくなり、頼っていただく場面も多く作れました。

  • 海外での経験

    入社3年目、当社の海外グループ会社であるJGC INDONESIAに長期出張し、現地のエンジニアと協力して、洋上LNGプラントのFEED業務を行いました。すべての業務を英語で行うことは初めてでしたが、図とシンプルな英語で分かりやすく相手に意図を伝える技術を身につけられた経験でした。

これまでのキャリア

2011年 プロセスエンジニアリング部配属
石炭ガス化複合発電プラント建設プロジェクト(国内) EPC基本設計担当
2012年 石油コークスガス化プラント建設プロジェクト(ベネズエラ) Pre-FS基本設計担当
2013年 FLNGプラント建設プロジェクト(インドネシア) FEED基本設計担当
石油精製プラント建設プロジェクト(ベトナム) EPC基本設計担当
2014年 石油精製プラント建設プロジェクト(クウェート) EPC基本設計担当
2017年 バイオマス発電プラント建設プロジェクト(国内)EPC基本設計担当
2018年 バイオマス発電プラント建設プロジェクト(国内)見積 基本設計担当
  • 日揮グループのすごいところとは

    巨大なプラントを完成させるためには、自社他社を問わず、たくさんの方の協力が不可欠です。その中で、自社の利益や成長のためだけではなく「プロジェクトを成功に導くために本当に必要なことを考える」というマインドが全社に根付いているところは、素直にすごいと感じます。

  • これから挑戦したいこと

    入社から一貫して、プラントの運転に必要な電気、水、燃料などを供給するユーティリティの分野に関わってきました。今後は、他部門を経験して別の視点を身につけつつも、ユーティリティのスペシャリストとして活躍したいと思っています。また、現場性能試験や海外グループ会社のサポートなど、可能な限りの挑戦をしていきたいです。

みなさんへのメッセージ

当社は独立系企業のため、財閥系企業のように強力な土台はありません。これまで数々の困難に対して、危機感を持って乗り越えてきた歴史があります。そのため、フットワークを軽くして様々な情報を収集することで、最適解を導き出せる力が必要です。しかしそれは、好奇心旺盛な方にとって、これ以上ない環境だと思います。また、就職活動もその時々に最適な答えを出す作業の連続です。自分の目的を考え抜き、ぜひ、様々な人にぶつかってみてください。

  • Private

    休日は主に子どもと過ごすことが多いです。一緒に遊んで、たくさん笑って、おいしいご飯を食べて、ぐっすり眠る。そうすることで、平日はお互いに仕事場と保育園で頑張れている気がします。また、ヨガに通ったり、友人と食事やライブを楽しむことでもリフレッシュしています。

  • Event

    プロセステクノロジー本部で開催される「ワーキングマザーの会」では、子育てや会社の制度の悩みについて、お母さんエンジニア達がランチをしながら情報交換や意見の取りまとめをしています。お互いの仕事に向き合う姿が参考になり、制度改正にもつながる心強い集まりです。

TAGS # ×