数十年先まで、未来を
作り続けるために。

ITエンジニア

ITマネジメント部
2017年入社

入社の理由

国際関係を専攻していた大学時代は、台湾についての研究を行っていました。台湾に興味を持った理由は、父の仕事の関係で台湾で暮らしたことがあったからです。そんな父の仕事は建設会社の土木エンジニア。父の姿を見て、同じように海外のプロジェクトに関われる仕事がしたいと考えるようになりました。そこで文系職でも海外の建設プロジェクトに携われる当社を志望しました。

現在の仕事内容

ITマネジメント部は、EPCプロジェクト遂行に必要なIT環境の構築や、最新技術の導入を通して、効率的なプロジェクト運営を担っている部署です。その中で現在私は、アルジェリアのEPCプロジェクトにおいて、顧客がプラント操業時に使用する、設備保全システムのデータ納品を担当しています。プラントには膨大な数の機器や部品があり、プラントを数十年と操業するためには、それらを定期的に交換しなければなりません。各設計部門から提出された膨大なプラントの機器・部品データを正確かつ効率的に管理することに加え、設備保全作業の際に参照する指示書を作成し、顧客へデータベースとしてタイムリーに納品することが私のミッションです。大変なこともありますが、お客様のよりよい未来を築いていける仕事には、大きなやりがいを感じています。そのように現在はIT担当として業務を行っていますが、入社してすぐに現場に配属された時は、当社のメンバーが顧客、サブコントラクター、ベンダーと協力し、時に対立しながらも一丸となって前に進んでいく様子を目の当たりにしてきました。そして、プロジェクト完工後に祝賀会に参加した時には、微力な訓練生でありながらも、多くの仲間と一つのプロジェクトを成し遂げた日々は、自分にとってかけがえのない財産になっていると感じられました。横浜で業務を行う今も、現場にいる多くの仲間やプロジェクトの進捗を頭に思い浮かべ、自分を奮い立たせています。

  • 成長を感じたエピソード

    3年目の冬、あるプロジェクトの応援で、急遽中国へ単独出張したことがありました。あまりに突然のことで、引き継ぎもままならぬまま現地入り。しかも、帰国までのタイムリミットは6日間しかありませんでした。現地に到着してからは、まず各トラブルの状況を整理。そして、関係者に協力してもらい、苦労しながらも無事にすべてを期限内にこなすことができました。不慣れな環境であったとしても、それなりの結果を残す働きができたことで、自信につながりました。

  • 海外での経験

    現場訓練生として、バーレーンに赴任し、半年間、安全・施工品質・施工進捗の管理を行いました。特に印象に残ったのは、現場での溶接作業の進捗を関係者に毎日連絡するという、溶接検査実施の督促業務です。その中で、構造上の問題で倍の作業時間がかかっているエリアを発見したのですが、先輩に相談し、検査員を増員することで進捗の遅れを解消。実際の現場を見たからこそ分かったことでした。この経験は現在のIT部門でも生かされており、進捗管理をする際は必ず実作業がどのように行われているか学ぶようにしています。

これまでのキャリア

2017年 コーポレートIT室 配属
ガス処理プラント建設プロジェクト(バーレーン) 現場訓練 建設施工管理業務担当
2018年 コーポレートIT室 JGCグループ情報基盤移行プロジェクト プロジェクトマネジメント担当(PMO)
2019年 ITマネジメント部 配属
原油集積・処理設備建設プロジェクト(アルジェリア) 設備保全システム担当
  • 日揮グループのすごいところとは

    大学時代の専攻に関係なく活躍できる職場であることがすごいと思います。文系出身のITスペシャリストを何人も見てきましたし、他にもプロジェクトマネージャーや建設マネージャーとして活躍している文系の方もいます。相応の努力をすれば文系であっても希望した職種に就けるという、挑戦者を寛大に受け入れる風土は素晴らしいです。

  • これから挑戦したいこと

    将来的には海外プロジェクトのビジネスマネージャーになりたいと考えています。ビジネスマネージャーは、プロジェクトの利益を確保するために、リスクマネジメントをする存在です。当社には文系ローテーション制度があり、自分のキャリアプランを伝えながらキャリア形成することができます。今後はIT部門で身に着けたデジタルの素養も生かしつつ、プロジェクトマネジメントの実務を経験したうえでビジネスマネージャーの素養を身に着けていこうと思っています。ローテーションとはいっても、最初にいた部署に戻らなければならないわけではなく、懐の深いいい制度だと思います。

みなさんへのメッセージ

私は体育会系の部活動が忙しかったため、エントリー数をごく少数に絞って就職活動を行っていました。その際に大事にしていたのは直感です。実際、「居心地がよくて楽しそう」と感じた当社に入社し、現在も楽しく働くことができています。ただ、私のように範囲を絞るよりかは、できる限り多くの企業を見て、色々な人の話を聞くのが一番です。普段自分が会わないようなコミュニティの方の話を積極的に聞いてみると、世界が広がりますよ。

  • Private

    友人と食事に出かけたり、1人で筋トレやゴルフの練習をしたりして過ごす休日が多いです。また、まとまった休みを取った際はよく旅行に行っています。仕事に限らず、プライベートでも目標や願望をノートに書いているのですが、それらを達成できるように過ごすことで日々が充実しているように感じます。

  • Event

    IT関連部門合同で、半年に1回ゴルフコンペを開催しています。参加するまでは、社会人のゴルフに堅苦しいイメージを持っていたのですが、最年少の私ものびのびと楽しめるほどフランクな会です。また、ゴルフは性格が出ますので、一緒に仕事をする方々の意外な一面を知れることも面白いですね。相互理解が進むことで、仕事も円滑になっていると思います。

TAGS # ×