全方位視点で、
正確と迅速を両立する。

シビルエンジニア

エンジニアリングオフィスDEユニット
2014年入社

入社の理由

土木工学を専攻し、大学の研究室ではコンクリートの維持補修に関する研究を行い、大学院では留学生との共同研究、海外インターンシップを経験しました。そうした経験を生かしたいと考えて就職活動を行う中で、単に海外で仕事ができるだけではなく、専攻を生かしながら、様々なバックグラウンドを持つエンジニアたちとともに大規模なものづくりに携われる当社に魅力を感じ志望しました。

現在の仕事内容

現在は、海外インフラの設計部隊のシビル分野を担当しており、プラント建設地の造成や地盤改良、地下排水設備、配管や機器を支持するコンクリート・鉄骨構造物、パイプライン、海洋構造物など、多岐にわたる土木構造物を対象とした設計を行っています。シビル設計は、機器や配管の大きさ、重量、レイアウトなど、上流情報が確定しなければ設計を固めることができません。一方で建設フェーズは、最初に着手しなければならない工程でもあります。設計を行ってから建設に着手するまで、時間的な制約が厳しいため、鉄骨材などの調達先の選定は、間違いないように慎重かつ迅速に行わなければなりません。そのため当社のシビルエンジニアは、設計に目を向けるだけでは務まらず、設計、調達、建設とそれぞれの業務確度を高めると同時にプロジェクト全体の工期を意識して、スケジュールをコントロールする視点を持たなければならないことが難しいポイントです。さらに現場では、建設トラブルシューティングや顧客対応、官庁申請まで幅広く対応するコミュニケーション能力・柔軟性も必要になります。また、どのプロジェクトでも大勢の人、大量のモノが関わるので困難も多々あります。しかし、たとえ経験したことがないトラブルだったとしても、知識を絞り、一つひとつを確実に解決していくことでお客様に満足していただけるプラントを設計することこそが、この仕事のやりがいだと感じますね。また現在では、太陽光をはじめとする多種多様な海外インフラ事業の見積りを担当するようにもなりました。アジアを中心とする案件にて、お客様のニーズに合わせた最適な提案型見積りを目指して、新たな挑戦を行っています。

  • 成長を感じたエピソード

    入社2年目、設計知識や現場工事への理解も未熟だったにもかかわらず、シンガポールの現場でシビル設計図書の官庁申請の担当として、現地コンサルの対応を任せてもらった時のことです。国の要求をコンサルとともに整理し、事前に設計図書へ取り込むように現地エンジニアへ指示を出せたことで、円滑に官庁申請を進められました。積極的に行動できたことで承認遅れによる建設中断はゼロに抑えられましたし、自ら動くことの大切さと楽しさを学べた経験となりました。

  • 海外での経験

    シビル工事立ち上げのため、アルジェリアに駐在したことがあります。横浜の本社ではまだ設計のフェーズだったのですが、現場で工事が開始されたことから、シビル工事業者との調整・テクニカルサポートを行うために参加しました。慣れない土地と言語で、何をするにも他の現場より苦労しましたが、自分の判断で現場の問題を解決し、工事立ち上げに関わることができたのは、貴重な経験となりました。

これまでのキャリア

2014年 シビル建築部配属
石油精製・石油化学プラント建設プロジェクト(ベトナム)現場訓練
2015年 装置エンジニアリング部 5か月のローテーション
エチレンプラント建設プロジェクト(アメリカ)詳細設計
石油精製・石油化学プラント建設プロジェクト(シンガポール)現場駐在
2016年 石油精製プラント建設プロジェクト(インドネシア)詳細設計
2017年 原油集積・処理設備建設プロジェクト(アルジェリア)現場駐在(立上げ)詳細設計
2018年 FSRU建設プロジェクト(パキスタン)事業性評価/FEED
2019年 ケミカルプラント建設プロジェクト(タイ)詳細設計
2020年 インフラストラクチャープロジェクトカンパニーエンジニアリングオフィス配属
太陽光建設プロジェクト(東南アジア諸国)見積設計
ニッケルHPAL精錬プラント建設プロジェクト(インドネシア)見積設計
  • 日揮グループのすごいところとは

    当社には、世界中でプロジェクトを完遂してきた、経験豊富で優秀なエンジニアが多くいます。また、常にグローバルな環境で仕事をすることができる上、プロジェクト遂行中は、年次も国籍も性別も関係なく、活発に意見を交わしながら困難に立ち向かっていけます。その環境の中で成長したエンジニアこそが、当社の大きな強みです。これからも多種多様な分野へとチャレンジして成長していく会社であり続けると思います。

  • これから挑戦したいこと

    幅広いシビルの技術力、プロジェクト遂行能力の向上に加えて、未開拓の海外インフラ案件発掘に携わっていきたいと考えています。そのためにも常にアンテナを張り、世界のマーケットでは何が必要とされているのか、そのニーズに対して当社は何ができるのかなど、既存の考え方にとらわれることなく、挑戦していきたいと思います。

みなさんへのメッセージ

就職活動では、「自分はこの業界だ!」とあえて絞らず、様々な業界で会社訪問や先輩訪問をするとよいのではないでしょうか。遠回りのようにも思えますが、そうやって様々な会社を見ることで、業界の特長やつながりも見えてくるようになり、自分が本当にやりたいことの発見にもつながると思いますよ。

  • Private

    休日は、家族や友人とアウトドアに行くことが多いですね。キャンプや登山、サーフィンにスキーなど、自然の中で過ごすことでリフレッシュしています。また、最近では自宅に引きこもり、サブスクリプションの動画を楽しむことも。とにかく休日は仕事以外のことをするように心がけていて、現場駐在の期間中でも同僚とスポーツジムに通うなどしています。

  • Event

    以前所属していたオイルアンドガスのシビル部では、新入社員の若手歓迎会が毎年ありました。私は、頻繁に現場に出ていたり、別のオフィスで勤務するなど、シビル部ではある意味「レアキャラ」だったため、年に1回のこの飲み会では「はじめまして」と「久しぶり」を言う人も多くいました。それでも気さくに話せる同じ専門の若手エンジニアが社内に多くいることは、仕事をする上でも心強いですね。

TAGS # ×