世界トップクラスの
安全性を目指して。

HSEエンジニア

テクニカルHSE部
2010年入社

入社の理由

大学では化学工学を専攻し、熱と流体の高度利用に関する研究を行っていました。学んだことを生かし、ただの技術者ではなく「世界に羽ばたくビジネスパーソン」になることを目標に就職活動を実施した結果、プラントエンジニアリング業界に興味を持ちました。その中で、国内外様々な人と一丸となって世界中のエネルギー社会を支える当社の仕事に大きな魅力を感じ、入社を決めました。

現在の仕事内容

HSEエンジニアのミッションは、Health(健康)、Safety(安全)、Environment(環境)へのリスクを最小限に抑えたプラントを提案、設計することです。例えば、化石燃料を地中から掘り出し、地上で使用する行為は、可燃性の不安全物質を世に生み出す行為だといえます。それに加え、複雑な設備・システムで構成されるプラントには、爆発や火災といった重大事故を引き起こすリスクが多く潜んでいます。しかしながら、人が生きていくためのエネルギーを得るためには、プラントを建設し、そういった燃料を使用しなければならないことも事実。その様なリスクを考慮しながら、安全かつ環境負荷の少ないプラントを建設するために必要な対策を考案し、設計に反映していかなければなりません。そして、このHSEの設計概念は、プラントレイアウトから詳細設計まで、幅広く適用されるため、プラント建設全体において非常に影響度が高いことも特長です。近年は安全性に対する顧客要求が厳密化し、かつHSE法規の厳格な国でのプロジェクトも増加しており、我々の仕事の重要性は日々大きくなっています。そのような環境の中で、私が所属しているのは、テクニカルHSE部の中のプロセスセーフティーチーム。「HAZOP study」と呼ばれる安全性検討をリードし、設計への影響を最小限にしつつも、安全性を担保できるシステムの提案に注力しているチームです。プラントの設計図面を見ながら、何らかの原因によりプラントの運転が不安定になった場合、どの設備がどんな挙動を示すか、どこでハザード(漏洩・火災)が起きて重大事故になる可能性があるのかを、全設備に対して検討することが主な仕事です。その結果を基に、必要なセーフガード(ハザードを回避するためのプロテクション)を決定し、設計部門にフィードバックしています。

  • 成長を感じたエピソード

    プロセス部員時代に1年間現地オフィスに駐在した、インドネシア向けLNGプラントの設計業務は、私がテクニカルHSE部へのローテーションを決める要因となったプロジェクトです。安全に非常に厳しい顧客であり、より深くSafetyに踏み込んだプロジェクトになるため、プロセスが分かる人間にHSEとしても立ち回ってほしいという要望からHSE設計も兼務することになりました。それまではプラントの性能に着目はしていても、安全性については熟慮したことがありませんでしたが、このプロジェクトでプロセスセーフティーの重要性を深く知ることができました。

  • 海外での経験

    入社4年目に駐在したUAEの天然ガス処理プラントで、排水処理システムの性能評価試験を任されました。誤った運転をすれば、故障や重大事故が起きる可能性もあり、十分なプロセスと運転の知識が必要な上、多くの人を動かすための実行力が必要でした。準備、運転員への指示、72時間におよぶモニタリング、試験後の顧客への説明から承認を含め、成功に導くことができました。当社の代表として、EPCに関わったすべての人の”想い”を実現できたという達成感と、自身の成長を実感できたプロジェクトです。

これまでのキャリア

2010年 プロセスエンジニアリング部配属
LNGプラント建設プロジェクト(インドネシア)EPC基本設計担当
2011年 ガス処理プラント建設プロジェクト(カタール)EPC基本設計担当
2013年 ガス処理プラント建設プロジェクト(UAE)EPC基本設計担当 現場駐在
2014年 LNGプラント建設プロジェクト(カナダ)FEED担当
2015年 LNGプラント建設プロジェクト(インドネシア)FEED担当 海外オフィス駐在
2016年 テクニカルHSE部配属
ガス処理プラント建設プロジェクト(バーレーン)EPC基本設計担当
2017年 ケミカルプラント建設プロジェクト(タイ)FEED担当
原子力プラント排水処理設備建設プロジェクト(イギリス)設計・セーフティーレポート担当
2018年 LNGプラント建設プロジェクト(カナダ)Early EPC-EPC基本設計担当
  • 日揮グループのすごいところとは

    プラントを設計、建設するためには、膨大な量の情報を扱う必要があり、高いコミュニケーション能力が求められます。社内にはスペシャリストと呼ばれる方がたくさんいることに加え、国境も人種も文化も越え、顧客を巻き込んだOne teamをつくりあげることができる環境があります。全員が一つの目標に向かって進んでいける、当社の個人能力の高さとチームとしてのプロジェクト遂行能力は業界随一です。

  • これから挑戦したいこと

    今、世界が望んでいるのは、間違いなく「安全なプラント」です。今後、安全に対する要求はますます厳しくなっていくと予想されます。その最先端に身をおき、多様な安全要求におけるプロジェクトを経験することで、知識や経験をさらに磨いていきたいと考えています。そして、プロジェクトを成功に導くだけでなく、世界をリードするセーフティマネジメントを実施していきたいです。

みなさんへのメッセージ

まずは、自分が本当に興味を持てること、なりたいものを見つけてください。自己分析というと難しく聞こえるかもしれませんが、「Why」を繰り返すことで、きっと見つかるはずです。そして、その次は「How」。どうすればそれを実現できるのかを考えてみましょう。答えやアプローチの方法は一つではないはず。ぜひ、「なりたい自分」を貫いて就職活動を行ってください。

  • Private

    山に登ったり、海に潜ったり、旅行に行ったり、友達・同僚とスポーツをしてみたり、休日はとにかくアクティブに動いています。興味を持ったらやってみないと気が済まないので、休みの日も早く起きて目一杯活動しています。きちんとリフレッシュすることが、仕事を頑張るための秘訣です。

  • Event

    社内のサッカー部に所属し、社会人リーグへの参加、合宿、練習会等、充実した部活動生活を送っています。強制参加ではありませんが、一緒に汗を流すことで、先輩後輩の枠を越えて関係性が深められるいい機会。社内のフットサル大会はおすすめですね。普段の仕事でも、一歩踏み込んだコミュニケーションを取ることに役立っています。

TAGS # ×