プラントを俯瞰し網羅する。

配管エンジニア

装置エンジニアリング部
2010年入社

入社の理由

機械工学を専攻した大学時代、材料力学、熱力学、流体力学などを学び、修士課程では、企業と共同でタイヤと路面の摩擦に関する研究を行いました。様々な人と論議しながらプロジェクトを完遂させる楽しさに気づいたことが、この業界を目指したきっかけです。世界中の人々と関わることができる当社は、まさに求めていた環境でした。

現在の仕事内容

一つの巨大なプラントの中では、膨大な数の機器が動いています。装置エンジニアリング部は、プラントを一つの装置として機能させるために、それらの機器同士をつなぐ配管の設計の他、プラント内の機器の配置を決めている部門です。その中で私は、プラント全体のレイアウトを担うチームに所属しています。プロセス部から渡された基本設計をもとに、決められたスペース内にプラントを収め、安全性、操作性、維持管理性、建設性などを考慮しつつ、コスト的にもミニマムとなるように全体のレイアウトを作成することが主な仕事です。プラント建設の中で、一番広い視野が必要であるため、周りの方とのコミュニケーションは欠かせません。同じ部内のメカニカルチーム、マテリアルチームに加え、他部門や顧客と繰り返し協議を行う毎日です。現在は、カメルーン沖の浮体式LNGプロジェクトの見積もりに携わっており、設計指針の作成、全部門にわたる変動マネージメントおよびプラント全体のレイアウトの決定を行っています。レイアウトにおけるリードエンジニアとして参加しているため、顧客にレイアウトの妥当性を説明することも仕事の一つ。チームで作り上げた仕事が認められた時が、一番やりがいを感じる瞬間です。

  • 成長を感じたエピソード

    カタールのプロジェクトにて、2DCADを操作し、ゼロから配管レイアウト作成する業務を入社2年目で担当させていただきました。どんな情報がいつまでに必要で、どこに発信すればよいのか、顧客や他部門の方と調整を行いながら学び、レイアウト業務の軸を掴むことができた経験です。

  • 海外での経験

    設計開始当初から携わっていたヒューストンの建設現場に、設計監理および設計変更対応のため、約2年半駐在しました。はじめての海外経験でしたが、各質問に対して確実に迅速に回答することで信頼を得て、自分の判断で問題解決ができた時は、大きな達成感を感じられました。

これまでのキャリア

2010年 装置エンジニアリング部配属
ガス処理プラント建設プロジェクト(アルジェリア) 詳細設計担当
2011年 ガス処理プラント建設プロジェクト(カタール) 詳細設計担当
2013年 エチレンプラント建設プロジェクト(アメリカ) 詳細設計担当
2015年 エチレンプラント建設プロジェクト(アメリカ) 現場駐在
2018年 ガス処理プラント建設プロジェクト(アルジェリア) 詳細設計担当
FLNGプラント建設プロジェクト(カメルーン) FEED・見積担当
  • 日揮グループのすごいところとは

    当社は、オフィス内に多くの外国籍の方が勤務しているだけでなく、多国籍の協力会社や海外の顧客を取りまとめ、世界中でプロジェクトを完遂させています。そういった巨大でグローバルな仕事環境が、当たり前のように成り立っている企業は、あまりないのではないでしょうか。

  • これから挑戦したいこと

    今後は、技術力に加え、円滑に業務を進めるための調整力、交渉力をもっと身につけたいと考えています。そして、チーム業務に対する管理能力を高め、一つのプロジェクトを部門のリーダーとして完遂させてみたいです。そのためにも、様々なやり方、考え方を吸収することを意識しています。

みなさんへのメッセージ

様々な情報があふれ、迷うこともあると思いますが、後悔しない選択をしてほしいと思います。「これさえあればやっていける!」という譲れない軸を一つ決め、その軸を中心に視野を拡げることで、自分のやりたいことが見えてくるはずです。また、会社訪問や先輩訪問には積極的に参加することをおすすめします。実際の仕事環境を感じた方が、その企業で働く姿を想像しやすいと思います。

  • Private

    所属しているサッカー部の試合、ドライブ旅行、ゴルフなど、休日は外で過ごすことが多いです。仕事も遊びも全力で取り組むことで、メリハリをつけることができ、どちらも充実させることができています。会社の昼休みには有志で集まり、サッカーをしてリフレッシュしています。

  • Event

    社内のフットサル大会を毎年楽しみにしています。部内の一体感は大きくなり、海外グループ会社や顧客のチームも参加して大いに盛り上がります。仕事で関わったことがない方と知り合い、後に一緒のプロジェクトに参加した時、円滑に仕事を進められたということもありました。

TAGS # ×