限られた期間の中で、
最良の設計を。

シビルエンジニア

シビルエンジニアリング部
2016年入社

入社の理由

大学では建築学を専攻し、コンクリートのひび割れ抑制方法に関する研究を行っていました。ひび割れを抑制する上で効果が期待できる新規薬の実証試験を某製薬会社と共同研究したのですが、その過程の中で製薬会社の工場という建物に惹かれ、そこから普段接点のないプラントという構造物に興味を持ったことが、当社に行き着いたきっかけです。プラント専業企業は数あれど、様々な建設実績がある当社なら、色々な経験ができると考え志望しました。

現在の仕事内容

鉄骨、コンクリート、地下排水設備という大きく3つのカテゴリーから成り立つ、土木構造物の設計を行う当社のシビルエンジニアリング部の設計対象は、新設プラント案件だけではありません。既設プラント内での改造案件に加え、メガソーラや風力発電など、プラント以外のものも含まれます。その中での私の仕事は、見積り段階で計画された設計が、実際に現場で建設できるように、詳細部分まで情報を落とし込み、図面にする詳細設計です。そして、この業務をスケジュール通りに完遂することが大きなミッションなのですが、シビルエンジニアリング部の設計業務は、他の設計部門と比べると特にスケジュールに余裕がありません。プラントの建設工程において、最初にはじまるのがシビル工事である一方で、シビル設計に必要な情報は他部署での設計が終わった後に私たちに伝わるからです。そのため、シビル設計のはじまりと、シビル工事がはじまるまでの期間がどうしても短くなってしまうんですね。そうした理由から、設計を行っている間は多忙となりますが、きちんと段取りを組み、頭をひねりながらも、スケジュール通りに設計を終えられた時は、大きなやりがいを感じられます。またシビル設計は、部内の複数人のチームで組み、一つのプロジェクトを遂行することが多いのですが、チームで協力し業務を達成した時の喜びを共有できることも、この仕事ならではの魅力だと思います。

  • 成長を感じたエピソード

    入社2年目にカテゴリーキーパーソンとして設計業務を担当しました。時期的には早く荷が重いと思っており、はじめは他部の調整も受け身になりがちだったので、思い通りに進められませんでした。しかし、この経験をしたからこそ、入社年数など気にせず、自分からアクションを起こしていかなければ、物事は進まないということを身をもって知ることができました。そして、この業務に携わって以来、知らないことでも挑戦する精神を成長させることができたと思います。

  • 海外での経験

    国内での現場訓練にて、シビル工事の管理担当として、主にスケジュール管理に関わる業務を行いました。シビル工事は、プラント建設の中でも最初にはじまる工事のため、工期が遅れた場合は機器据付工事など、その後のすべての工事に影響を与えてしまいます。しかし、この現場では豪雨災害による工期遅延が発生してしまったのです。サブコントラクターとスケジュールの見直し協議を繰り返す作業は大変でしたが、密なコミュニケーションを重ねる中で、お互いに信頼し合う関係を築く重要性を改めて認識する機会となりました。

これまでのキャリア

2014年 シビル建築部配属 (現:シビルエンジニアリング部)
製油所増設・改造プロジェクト(インドネシア)  コンクリート構造物 詳細設計担当
2017年 CO2分離回収設備プロジェクト(国内)  コンクリート構造物 詳細設計担当
2018年 CO2分離回収設備プロジェクト(国内)  現場訓練 シビルSV担当
2019年 コークドラム改造プロジェクト(国内)  コンクリート・鉄骨構造物 詳細設計担当
2020年 バイオマス発電プロジェクト(国内) 地下排水設備 詳細設計担当
  • 日揮グループのすごいところとは

    当社には、各専門分野の知識に特化し、協調性の高い社員が多いです。そうしたベテランの方々の経験や知識がきちんと次世代に引き継がれていることで、業界を代表する会社になっていると思いますし、世の中の需要に合わせた新しい業務領域への挑戦も、果敢に行えているのだと感じています。また、各フェーズにおいて個々人の知識を共有し合うことで、品質・コスト・スケジュールを徹底的に精査できていることに加え、各部門との連携が取れているからこそ、EPCという一連の流れを高いレベルで遂行できているのだと思います。

  • これから挑戦したいこと

    小規模な国内プロジェクトですと、1~2人で担当することもあるため、すべてのカテゴリーを熟知していなければ業務を遂行できないこともあります。これから先は、そういった案件にも対応できるようになることが、今後の目標です。それを達成するため、まずは鉄骨、コンクリート、地下排水設備という、シビルの3つのカテゴリーに関する知識を、一つずつ積み重ねていきたいと思っています。

みなさんへのメッセージ

私が大学で所属していた研究室のOBの方々の多くは、同じような業界に絞って就職活動を行っていましたので、自分も同じくそうなっていくのだろうなと思っていました。しかし、就職活動を通して世の中全体の流れを見た時に、この部分はどの企業が担っているのだろうと疑問を持つようになりました。それを紐解いていった結果、見えていなかった世界が見えるようになり、今に至っているのです。みなさんも視野を広げることで、興味を持てる企業を見つけられたらよいなと思います。

  • Private

    休日は、友人との食事やゴルフをして過ごすことが多いです。ほとんどの友人が分野の違う職種ということもあり、よい刺激をもらえる時間を大切にしています。また、基本的に休日は仕事のことを考えないようにしているのですが、会社の方も同じように考えている人が多く、たまに会社の先輩と行く旅行では、仕事の話は一切せずに楽しんでいます。

  • Event

    当社ではゴルフコンペが定期的に開催されています。役職、部署に関係なく、ゴルフ好きな方々が参加されるため、交流の場としてはとてもいい機会です。仕事よりも先にコンペで知り合いになる方もいるのですが、いざ同じプロジェクト担当になった際は、コミュニケーションが取りやすくなります。そういった意味で仕事にもいい影響を与えていると思いますね。

TAGS # ×