プロジェクト遂行における
地域社会・環境への取り組み

ドンギ・スノロLNGプロジェクト

当社グループは、プロジェクトを通じて持続可能な社会を実現すべく、ステークホルダーと協力し課題解決に向けた取り組みを行っています。
今回は2015年に完工したインドネシアのドンギ・スノロLNGプロジェクトを取り上げ、
当社グループが手掛けるプロジェクトを社会的、環境的な側面からご紹介します。

ドンギ・スノロLNGプロジェクトはインドネシアで4番目のLNG生産基地として、三菱商事株式会社が主導する初のLNGプロジェクトであり、日本のLNG調達のモデルケースとなるプロジェクトです。当社グループは、年間200万トンの処理能力を有するLNG(液化天然ガス)プラントのEPC(設計・調達・建設)役務を担当し、2011年4月にプロジェクトが開始され、2015年10月に完工を迎え、生産・出荷が開始されました。

本プロジェクト成功の鍵として「地域住民との調和」がありました。インドネシア、スラウェシ島で初の大型エネルギープラント建設プロジェクトとして地域社会から大きな注目を集めた本プロジェクトでは、開発地域の持続的な発展のために、地域住民との調和を重視した様々な活動が地道に継続的に行われ、プロジェクトを成功に導いてきました。ここでは、それぞれの取り組みについて紹介していきます。

  • 01

    地域社会への取り組み

    地域住民の雇用

    本プロジェクトは首都ジャカルタから遠く1,800キロ以上離れた、スラウェシ島で建設される初めての大型エネルギープラント建設工事であり、当時現地住民の多くが従事する仕事は漁業や農業がほとんどでした。
    当社グループは顧客ならびにインドネシア政府関係者と調整を行い、直接雇用者はインドネシア国内からのみとし、さらにその半数以上を建設現場付近の住民から雇用することとしました。
    地域住民の雇用に当たっては、地場の工事会社とともに採用活動に取り組み、村ごとの人口を考慮し、公平に採用するよう配慮しました。

    (写真・スラウェシ島から雇用された従業員)

  • 02

    地域社会への取り組み

    地域住民への教育プログラム

    建設工事技術取得のための教育

    雇用された地域住民は今まで、建設工事に従事したことがない住民ばかりで、地域住民をいかに教育、トレーニングするかがプロジェクト成功の鍵となりました。 また、地域住民が建設工事の技術を獲得し将来的に他のプロジェクトでも活躍できるレベルにトレーニングすることは、本プロジェクトの成功だけでなく、地域の持続的な発展に寄与、貢献すると考え、プロジェクト完工時まで持続的な教育を行いました。

    現地学生向け建設現場見学を実施

    本プロジェクトの社会的意義を地域社会に理解してもらうための取り組みの一環として、13回にわたり延べ637人の学生を建設現場に招き、建設現場見学会を行いました。
    見学会では社員と同様の安全講習や本プロジェクトの概要、建設工事手法などに関する座学を行い、最後に現場内を実際に歩くことで、エネルギープラントに興味を持ち、将来的に関連産業で就業する際のイメージが持てるよう工夫しました。

    (写真左・地元住民向け溶接技能講座、写真右・近隣の高校生の現場見学)

  • 03

    地域社会への取り組み

    スラウェシ島での交通事故ゼロを求めて

    建設現場周辺では、免許が取得できる年齢に達していない子どもの多くがオートバイを運転するなど、交通安全に対する意識が決して高くありませんでした。
    現場工事に関連した車両の交通量が増加し、地域に与える影響を考慮した結果、地元警察と協力し、当社グループの社員が近隣の学校に出向いて交通安全講習会を実施しました。建設現場で培われた安全活動のノウハウを活用し、1,000人以上の高校生に交通安全の重要性を伝え、安全意識の啓もうに尽力しました。
    また、村道の補修工事や散水を行うなど、地域住民の交通インフラを整える活動を行いました。

    (写真・高校生への安全講習)

  • 04

    環境への取り組み

    漏えいゼロを目指して

    建設現場の周辺は自然が豊かで、多様な生態系が維持されています。そのような環境を守るため、徹底的な環境管理を行いました。当社グループの国内現場では、2011年度から有害物質などの漏えい件数0件を継続していますが、本プロジェクトにおいても敷地内から外部へに汚染物質を漏えいさせないための徹底した管理意識を顧客、関係会社全員で共有し、実行しました。主な取り組みとしては、オイルフェンスによる油回収ドリルや現場付近の河川でサンプル採取を行うなど、環境モニタリングを実施しました。

    (写真左・現場付近の河川でのサンプル採取、写真右・オイルフェンスによる油回収ドリル)

日揮の取り組みについてさらに詳しく知る