JGC Coal Fuel(JCF®)プロセス

JCF®プロセスは、亜瀝青炭、褐炭などの低品位炭(LRC)を、高温高圧水(熱水)を用いた改質法(HWT: Hot Water Treating)により転換するプロセスです。少量の添加剤を加えて水スラリー化燃料とすることができます。JCF®プロセスにより製造されるスラリー化燃料は、LRCの持つ固体ハンドリングとしての欠点(自然発火、炭塵飛散など)を克服し、貯蔵・輸送・燃焼などにおいて重油並みのハンドリングが可能となります。

JCF®プロセス

JCF®プロセス

特長(JCF®プロセスによるスラリー燃料)

  • タンカー、パイプラインでの輸送が可能です。
  • 石炭貯蔵ヤード敷地の縮小が可能です。
  • 重油と同様に噴霧燃焼でき、ボイラー負荷追従に優れています。
  • 自然発火性、引火爆発性がありません。

適用

  • 原料: 褐炭、亜瀝青炭などの低品位炭
  • 用途: 石炭・重油代替ボイラー燃料、ディーゼルエンジン燃料

実績および開発状況

  • JCF®(原料: 亜瀝青炭、褐炭)
    • インドネシアのデモプラントで750kg/h規模(乾炭基準)の製造および発電実証試験を終了
    • 日本のパイロットプラントで350kg/hr規模(乾炭基準)の改質およびスラリー化実証試験を終了
    • 2.5トン/hr規模の燃焼試験を終了
  • 石炭スラリー(原料: 瀝青炭)
    25万トン/年規模の商業装置(中国): 1基

参考資料