日揮の強み

世界屈指のエンジニアリングコントラクターと評される日揮の強みは、“幅広い分野・地域ポートフォリオ”、“エンジニアリング技術”、“プロジェクト遂行力”にあります。
これら3つの強みを活かし、顧客の設備投資計画の成功、ひいては資源国・新興国の経済成長、産業発展に貢献し続けています。

幅広い分野・地域ポートフォリオ

日揮は、1928年の創立以来、石油、天然ガス、石油化学・ガス化学などのオイル&ガス分野を中心に、発電などのエネルギーインフラ、非鉄製錬などの産業インフラ、医薬品・病院などの社会インフラ分野などの幅広い事業分野において、そして80ヵ国を超える国々で2万件以上にも及ぶプロジェクトの遂行実績を有しています。多様な顧客ニーズに応え、顧客の設備投資計画の成功に貢献し続けています。

エンジニアリング技術

プラント・施設の設計において、プロセス技術をはじめとする広範かつ高度なエンジニアリング技術を駆使して、顧客のCAPEX(プラント建設コスト)およびOPEX(プラント運転コスト)を考慮し、顧客の投資リターンを最大化するエンジニアリング技術。日揮の技術に対する眼差しは、既存のエンジニアリング技術の改良、各技術の統合による最適化に留まることなく、IoTやAIなどの最先端技術の積極的な活用や、化石エネルギーの環境負荷の低減、水素や再生可能エネルギーの普及といった環境分野にも向けられています。

プロジェクト遂行力

“決められた予算、納期の中で最高の品質のプラント・施設を実現する”。日揮はプロジェクトマネジメントをエンジニアリングコントラクターとして最も重要な要素であると考えています。プロジェクトが内包する様々なリスクを予測・分析し、最適なプロジェクト遂行計画を立案、完成させてきた世界各地のプラント・施設の数々は、創立以来積み上げてきた我々の経験のすべてが投入された結晶です。建設工事を重視したシームレスなプロジェクト遂行力、とりわけランプサムターンキープロジェクトにおける当社のパフォーマンスは、世界のコントラクターの中でもトップクラスであると評されています。

日揮についてさらに詳しく知る

日揮の事業

プロジェクトストーリー

アメリカ USGCエチレンプロジェクト

マレーシア PFLNG2プロジェクト