プロジェクト遂行

当社グループは、エンジニアリング会社ならではの視点で、病院建設において起こる、次ような多種多様な課題を最適化し、病院建設プロジェクトを遂行します。

  • ハード(建築)優先で、ソフト(医療計画、運営計画、機能計画、情報システム計画)が不在
  • コスト評価・管理を行う専門家が不在
  • 医療と建築をつなぐ通訳の役割を担う人材がいない
  • コストとスケジュールが合わず計画が後戻りする

プロジェクトマネジメント(PM)

プロジェクトの始まりから終わりまで、「目指す医療を実現するために医療施設はある」という一貫した思想のもと、総合的なプロジェクトマネジメントを実施します。総責任者であるプロジェクトマネージャーのイニシアティブで、品質・コスト・スケジュールの各要素を的確にコントロールし、病院建設プロジェクトを成功に導きます。

基本構想・基本計画

病院を取り巻く内部環境・外部環境を調査・分析し、病院の将来あるべき姿を明確にするとともに、経済性を考慮した客観的かつ最適な事業計画を立案します。

対外諸機関との調整助成

病院建設プロジェクトにかかわる諸官庁、金融機関、医療機器メーカー、工事業者をはじめとする外部諸機関との煩雑な手続き、交渉をお手伝いします。

設計

豊富な病院設計の実績を有し、医療現場の知見を有する建築・土木・機械設備・電気設備・情報システムなどの専門エンジニアが、プロジェクトの初期段階から参画し、基本計画段階から詳細設計および設計監理段階まで、一貫した思想のもとに設計に携わります。

建設

病院建設の経験を持つコンストラクションマネージャー(CM)が、建築・機械設備・電気設備・医療機器などの各種工事業者を統括管理し、また各種工事業者間の調整を行い、品質・コスト・スケジュールの最適化を図りながら、目指す医療を具現化できる病院を建設します。

医療機器、什器・備品などの調達

特定のメーカーに偏ることなく、客観的に比較評価を行い、最適な医療機器、什器・備品、各種システム/ソフトウェアを調達します。
また、設計や建設と連携し、各種設備との接続調整、搬入・設置計画との調整を行います。

Hospital Engineering Workflow

プロジェクトの初めから終わりまで一貫した思想のもとで総合的なプロジェクトマネジメントを行います。

Hospital Engineering Workflow