メディカル

日揮のプロジェクトマネジメントとエンジニアリング手法による新しい病院づくり

高齢化社会の急速な進展、医療制度の改革などを背景に、将来を見据えた新たな施設づくりが求められています。 当社は、経営、業務運用、建築・設備、情報システムなどを統合・最適化することを通じ、全国各地で、数多くの先進的プロジェクトを遂行しています。

特に、地域医療ニーズの調査・分析を通し、経済性を考慮した事業計画を立てたうえで、将来のあるべき病院像を描き出す「基本構想」、さらにそれを具象化する「基本計画」の立案においては、エンジニアリング会社ならではの視点による各種支援サービスを提供しています。

また、国内外のプロジェクトで長年培ってきたマネジメント手法を駆使し、品質・コスト・スケジュールを最適化する当社のプロジェクトマネジメント(PM)は、顧客から高い評価を得ています。 加えて、PFI(Private Finance Initiative)方式による病院運営事業に参画するとともに、海外で日本の高度な医療技術やホスピタリティを活かした病院を開設するなど、医療施設の経営・運営にも取り組んでいます。

当社は、最適な医療機能を病院の設計・建設に反映するEPC(Enginnering、Procurement、Construction)事業や、病院運営を展開するPFI事業で培った病院運営ノウハウを活かした病院経営・運営事業に取り組んでいます。

日揮の病院エンジニアリング

主なプロジェクト

関連する分野

国のエネルギー政策を支えるLNG受入基地ターミナルを実現

世界のエネルギー需要を支える

高度な技術力で、原子力の安全性や信頼性向上に貢献

持続可能な社会を実現

先端技術で、希少金属資源の生産拡大に貢献

地球環境の保全に貢献

お客様への想いが、日揮医薬品エンジニアリングの原動力

日揮のプロジェクトマネジメントとエンジニアリング手法による新しい病院づくり

ファームエンジニアリングの始動

人々の豊かな暮らしを基盤から支える