鉄道

日揮グローバル
日揮

鉄道インフラの海外展開を促進

世界の鉄道市場は年々拡大を続けており、特にアジア地域での経済成長に伴う旅客・貨物輸送の需要増大を背景として、鉄道市場のさらなる拡大が見込まれています。
日揮グローバルは、鉄道インフラの中でも、特に複雑なサブシステムの集合体である機械・電気システムを中心として、当社の強みであるプロジェクトマネジメント力を駆使し、鉄道技術に裏打ちされたシステムインテグレーションによる鉄道EPCの全体最適化を追求するアプローチにて、工期短縮・コストダウン・保守省力化を高いレベルで実現し、日本政府が推進する海外鉄道インフラ輸出に貢献します。

交通インフラ分野における日揮グローバルの強み

鉄道EPCの全体最適化を実現

  • 複雑なサブシステムの集合体である機械・電気システムを中心として、
    エンジニアリング力、プロジェクトマネジメント力を発揮
  • 鉄道技術の内製化(自社設計体制)による高いレベルのEPC遂行(品質・コスト・納期・安全管理)
  • ゼネコン・設計会社・メーカーとの技術提携・パートナリング
鉄道EPC事業

プロジェクトマネジメント能力

鉄道EPCの専門エンジニアリング能力

  • 基本設計
    • 軌道線形設計
    • 列車走行シミュレーション
    • 電力シミュレーション
  • 詳細設計
    • 土木・建築設計
    • 軌道構造・強度設計、ロングレール設計、軌道材料選定・評価
    • 送電・変電・配電システム設計
    • 再エネ発電・回生蓄電システム設計
    • 信号・通信システム設計
    • 車両検査フロー、機器配置設計
  • 各要素技術の豊富なプロフェッショナルエンジニア
    • RAMS、EMI/EMCエンジニア
    • 耐震設計、振動・騒音解析エンジニア
    • QA、QCエンジニア
    • HSEエンジニア
    • コミッショニングエンジニア
    • O&Mエンジニア
  • 機電パッケージへのDX技術活用
    • 全体最適化により工期短縮、コストダウン、保守省力化を実現
    • 世界標準の3Dモデリング技術・建設管理手法を適用・活用
    • BIMによる最適設計をベースに、新たな保守コンセプトを提案
    • 最適プロットプランによる保守作業負担の軽減
現在 鉄道平面図例、 すでに実用化 プラントの3D Modelling、今後 鉄道の3D Modelling

幅広い交通インフラに対応(在来線、高速鉄道、貨物鉄道、LRT、モノレール、BRT等)

空港インフラ

関連する分野

先端技術で、希少金属資源の生産拡大に貢献

交通インフラの海外展開を促進

人々の豊かな暮らしを基盤から支える

水インフラの構築に貢献

都市インフラ機能のインテグレーションで複合インフラの実現をサポート

ファームエンジニアリングの始動