仕事と人

法務

日揮の技術と利益を守るために、世界と互角に戦える交渉人になりたい。
INDEX

専門分野の枠を超え、幅広い見識を身につけられるチャンス。

大学では法学部に在籍し、法律を学びました。海外の人や企業と関わる仕事がしたいと思い、就職活動をしていたときに、日揮と出会いました。日揮の面接では、面接官や人事の方と話をするうちに、仕事に対する情熱や前向きな姿勢が伝わってきて、この人たちと一緒に仕事をしたいと思いました。実際に入社した今、若手社員の意見にも耳を傾けてくれる自由闊達で風通しが良い雰囲気だと感じています。また、プライドを持って前向きに仕事に携わる社員も多く、入社前とのギャップはありませんでした。入社後は法務・契約部への配属となり、まずは業務を通じて過去の契約事例や、民法・会社法などを勉強しました。2年目からは事業開発営業との兼務となり、事業入札案件における弁護士との協業や事業会社の管理運営業務も並行して取り組むようになりました。日揮では、個人で利益を追求するのではなく、チームで業務を行う側面が強いので、さまざまな考えやスキルを持つ人たちと共同で仕事をすることにより、幅広い見識を身につけることができます。

シビアな海外の商習慣。抜け目のない契約書の作成が必須。

法務・契約部では、会社の経営や管理一般に関する企業法務業務のほか、プロジェクトごとに工期・工程・金額・責任の所在など、日揮に不利益をもたらすリスクを排除することを念頭において、顧客やベンダー、サブコントラクターとの契約書を作成します。契約書に書かれていない事項や曖昧な表現があると、後々のトラブルを招きかねません。会社の利益を損なわないよう、トラブルを回避するために、営業やプロジェクトなど各部門の担当者の意見を集約して、ときには社外の弁護士の協力を得ながら契約書を作成していきます。本来はプラント建設に関する契約書の作成がメインなのですが、現在は投資事業に関する契約書の作成を担当しています。投資事業では、融資をしてもらうための契約や、共同出資するパートナーとの契約があり、高度な法律の知識が求められるため、弁護士との連携も重要となります。実際の契約内容は、プロジェクトの内容や規模によって千差万別ですが、契約書を作成する際には常に相手の立場になって考えることが求められます。社内の各部門の担当者と社外の人が何を意図して、何を目的とし、どのような結果に導きたいのかを十分に考慮し、相手がどのような反応をするのかという想定を行うことを心がけています。すべてのステークホルダーの利害が可能な限り一致することを実現させていくためには、契約交渉に加えて、過去の契約事例や関連法の調査、説得力のある言葉の検討といった事前準備もとても重要です。

海外企業との交渉の場で、アクセルとブレーキ役を担うために。

入社3年目、中東の新規事業案件の契約書作成のため、アラブ首長国連邦のドバイでの交渉に同行しました。実際に海外企業との交渉の場を経験することは初めてだったため、弁護士の交渉の進め方や、契約書における言葉の使い方など勉強になることも多く、商習慣や文化、言葉の壁を越えて交渉をリードしていく姿、特に問題点を的確に把握して議論をまとめ上げていく能力には衝撃を受けました。海外のビジネスの現場において、議論をまとめ上げていく過程での法務の役割はとても大きいと思います。現在は営業部門と兼務しているので、実際の営業活動や交渉の現場で起こっていることを感じ、将来の法務の仕事に生かしていきたいと思います。契約書のコメント作成は、上司と議論しながら行っているのですが、経験が浅い私の意見も取り入れてくれるので、大きなやりがいを感じています。海外企業との交渉を経験したことにより、自分が目指したい姿も見えてきました。目標の姿に近づくにはまだまだ知識が足りず難しいと感じることも多いですが、専門知識をもとに勝負できるのが法務の仕事の面白さですので、これからも多くの交渉を経験しながら実践的な知識を蓄え、自らを磨き続け、日揮のフィールドである世界という舞台で戦うことのできる法務のプロ、交渉人になりたいと思っています。

INDEX

キャリアパス

キャリアパス
2012
法務・契約部
企業法務担当
2013
法務・契約部兼事業開発営業部
発電事業(日本) 契約担当
2014
発電事業(サウジアラビア) 契約担当
発電事業(日本) 契約担当