仕事と人

EPC営業

ともに挑む仲間たちが、幸せになれるプロジェクトを受注するために。
INDEX

日揮に組織の歯車はいない。その言葉が後押しとなった。

就職活動では、リーマンショックに落ち込む当時の国内経済に驚きつつ、世界に通用するビジネスパーソンになりたいと考え、グローバルに事業を展開する企業を探していました。学生時代はバドミントンに打ち込んでいたのですが、部のOBに日揮の営業マンをされていた大先輩がおり、日揮を薦められました。その先輩は高校のときからお世話になっている方で、退職された今も私の相談相手となってアドバイスをしてくれています。先輩からは日揮での仕事について詳しく教えていただいたのですが、その中でも私には今でも忘れられない言葉があります。「日揮には、歯車のような社員は一人もいない。若いうちから裁量を与えられてやりたいことに挑戦できるから、みんな自主性を持って仕事に打ち込んでいるんだ」という先輩の言葉が、私の背中を強く押してくれました。実際に入社してみると、確かに若いうちから裁量が与えられ、重要な場面で意見を求められる機会も多くあり、また、まわりにも自ら考え行動している社員が多くおり、先輩の言葉を実感している毎日を過ごしています。

入札前夜。ギリギリの交渉経験が大きな糧に。

私が担当する営業の仕事では、担当地域の政治、経済、文化、遂行中プロジェクト、将来プロジェクト、顧客・同業他社の営業状況など最新の情報を入手し、理解することが求められています。多忙を極める経営陣が海外出張し、現地の顧客・閣僚や同業他社と面談する際や、迅速な経営判断を行う際に正確かつ最新の情報をインプットするためです。そのために私たち営業部が、顧客の投資・プロジェクト計画はもちろんのこと、同業他社との営業比較データなどを資料にまとめています。世界中のエンジニアリング会社がしのぎを削る入札においてプロジェクトを受注し、成功に導くためには、地道な準備も不可欠なのです。インターネットが発達した今、情報は至る所に転がっています。その中から価値あるものを見分けるのはとても難しいことですが、一生懸命分析したレポートや会議での発言を通して、会社の営業戦略に貢献できることは大きなやりがいです。
また営業の仕事では、社内外との交渉も非常に重要になります。私が担当したバーレーンの製油所基本設計プロジェクトでは、他社とジョイントベンチャー(JV)を組んで入札に臨みました。私たちはこのプロジェクトを受注し成功につなげれば、その後のEPCプロジェクトの受注にもつながるという確信がありました。そのため多少無理をしてでも非常に競争力のある見積を提示したいと考えていました。しかし、いざ見積を提出する前夜になって、JVパートナーとの間で利益率についての考え方に重大な誤解があることがわかったのです。お互い譲らず平行線のまま、一時はパートナーから「その条件であれば我々は手を引く」とまで言われましたが、私は上司と深夜まで相談しながら、パートナーに納得してもらえる落としどころを模索しました。そして日付が変わるころ、ようやく合意することに成功、時間ギリギリ一杯で見積書を仕上げることができました。重要事項を事前に突き詰めて確認できていなかったことをまず猛反省しましたが、慌てず議論の先を予想して落としどころに持って行った上司の交渉術から多くを学びました。

建設現場で学んだ1年半。そこで得た知識を生かした営業マンへ。

現在も入社後に配属された営業部門に在籍していますが、入社2年目から1年半ほど駐在したUAEのガス処理プラント建設現場では、途中自ら志願して建設の施工管理にも従事しました。アドミニストレーション部門の立ち上げも無事に終わり、運営も軌道に乗った状況であったため、この機会を生かし、異なる部署で、異なる側面からプラント建設に携わってみたい、学びを深めてみたいと思ったのです。実際に建設現場でどのようなことが行われ、どのような課題に直面しているのかを知ることで、帰国後の発注側との交渉や提案に何か生かせるものがあるのではと考えました。私は施工管理として現場に出て施工業者への指示や進捗管理などを担当しました。不慣れな専門用語や設計図の内容を理解して、外国人の施工業者と渡り合うのは容易ではありませんでしたが、毎日の努力の成果がプラントという形あるものになっていく喜びを知ることができました。これも、何にも知らない文系2年目社員を快く受け入れてくれた建設チームと、丁寧に指導してくれた現場の先輩方の厳しくも温かいサポートがあったからであり、一つのプラントを作り上げるためにチーム一丸となって突き進んでいく当社の良いところなのだと実感しました。営業部に戻った今では、建設現場で得た専門知識を見積や交渉の場面などで生かしたい、プロジェクトのことをもっと学び、見積作成時や遂行中プロジェクトの技術的な議論にもどんどん入り込んで提案することのできる営業マンになりたい、と日々もがいています。
異なる部署での仕事を経験したことで、日揮という会社が実に多くの社員の専門性と情熱で成り立っていることを知りました。もちろん困難な仕事だからこそ大変なことも多くありますが、そんな中でも、すべての社員が幸せになれるプロジェクトを受注して成功に導いていけるようになりたいと思っています。

INDEX

キャリアパス

キャリアパス
2010
中東営業2部カタール・アブダビ・オマーンチーム
営業活動 見積作成業務
2011
ガス処理プラント建設現場駐在(アラブ首長国連邦)
アドミニストレーション業務 建設施工管理業務
2013
中東・北アフリカ営業部サウジアラビア・バーレーンチーム
営業活動 見積作成業務