仕事と人

HSEエンジニア

私たちの技術で、世界中に建設されるプラントの安全性を高めたい。
INDEX

直面した異文化とのギャップ。リーダーシップの本質を学んだ。

大学では化学工学を専攻していましたが、歴史に残るような巨大プロジェクトを手がけたいという想いからエンジニアリング業界を志望しました。インターンシップや面接で出会った日揮の社員は、それぞれが技術について熱心に語る姿が印象的でした。技術への強いこだわりと誇りを持つ日揮社員のひたむきさに惹かれ、私も一緒に働きたいと思い入社を決意しました。
入社1年目に行われた研修ではカタールに半年間駐在し、ガス処理プラントの建設業務を担当しました。現場では外国人作業員に業務を指示し、工程を管理する立場にありましたが、自分の意図が伝わらず、指示した通りに動いてもらえない状況に直面することも多々ありました。私自身が率先して動かなければと思いながらも、当初は仕事に対し受動的な彼らとの価値観の違いに悩まされました。しかし、毎日早朝から現場に行き、彼らと話し、ともに作業をしていく中で、お互いに信用できる関係を築き、少しずつ結果が見えてくるようになりました。指示するのではなく、優先度の高い仕事をともに考え、必要な建機や材料を自ら率先して準備することで互いに協力し合える関係を構築しました。外国人作業員を一つにまとめるには、信頼関係を築くだけでなく、ときには自ら手を動かし、汗を流して彼らと肩を並べて働くことも大切だと実感しました。この経験はリーダーシップの本質について考えるきっかけとなり、人を動かすためには、自分自身が動き、その姿を認めてもらわなくてはいけない。今でも国境や人種を越え、人と仕事をする上で私が大切にしている考え方です。

HSE(Health・Safety・Environment)の重要性と我々のミッション。

現在はHSEシステム部に所属し、オーストラリアのLNGプラント建設プロジェクトに携わっています。HSEとは、Health(健康)、Safety(安全)、Environment(環境)を意味し、プラントで働くスタッフの労働安全や環境衛生、また自然環境への影響を最小限に抑えるプラントを設計することが私たちのミッションです。特に、プラントの安全性に対する顧客要求は近年非常に厳しくなりつつあり、我々の部門が担う業務の重要性、顧客の期待は高まっています。複雑な設備・システムで構成されるプラントには、爆発や火災といった重大事故を引き起こすリスクが多く潜んでおり、プラントを運用する顧客のために可能な限りそれらのリスクを取り除き、より安全性の高いプラントを提供する必要があります。コストやスケジュールはもちろんのこと、運転性や保全性とのバランスを考えながらプラントの安全性を高めることが重要で、顧客が納得し、満足できる安全設計を心がけています。
建設予定地の法規や顧客が求めるHSEの基準に沿って、設計図面のベースとなる思想や具体的な仕様書を作成し、配管や機器などの詳細設計に反映させることが主な業務の一つです。HSEの設計概念はプラントレイアウト全体から、配管・バルブの配置といった細部にまで幅広く適用されるため、非常に重要なものです。決められたスケジュール内で顧客の承認を得て、設計図書を作り上げていくために、顧客とは密にコンタクトを取り正確に意図を汲み取ることが重要です。その他、有毒ガスの拡散計算や爆発・火災で生じる熱の影響評価も我々の業務の一つです。このようにHSEの業務は多岐にわたり、プラント全体に与える影響が大きいため、単独で解決できる問題は少なく、他の部門を巻き込み、協力を得ながら、不測の事態のシナリオ見直しや設計図書の修正を行っています。

国籍を越え、多くの仲間と挑む巨大プロジェクト。私たちの仕事で守れる命がある。

今回のオーストラリアのLNGプラント建設プロジェクトでは、他の企業と協力して請け負う、ジョイントベンチャーによる業務遂行体制が取られています。同じフロアにさまざまな部門や会社、国籍のスタッフが集まり、プロジェクトタスクチームを結成して、この大規模なプロジェクトに取り組んでいます。国籍や文化、考え方や価値観が異なる他社のスタッフも多く、彼らに私たちの考えを理解してもらうためには、エンジニアとして不可欠な論理性に加え、強い信頼関係を築いていく必要があると感じています。お互いに顔見知りであれば仕事がスムーズに進むことも多いため、まずは社内外の人脈を広げながら円滑に仕事を進められるように、多くの人と信頼関係を築いていきたいと思っています。また数年以内には、もう一度海外へ赴任し現場で発生する問題対応や設計変更を通じて、実際に現場における建設で重要となる要素を反映した設計ができるような経験を積みたいと考えています。正直なところ、現在の部門に配属されるまでHSEに関する知識はありませんでした。しかしHSEはプラントで働く多くの人命や自然環境を守るという重大なミッションがあり、決して妥協のない、この仕事に大きなやりがいを感じています。これからも常に緊張感を持ち、知識と技術を高めながら安全なプラントを追求していきたいと考えています。

INDEX

キャリアパス

キャリアパス
2012
HSEシステム部
ガス処理プラント建設プロジェクト(カタール) 現場駐在(研修)
2013
LNG プラント建設プロジェクト(オーストラリア) 安全設計担当