コーポレート部門

法務

法務は、会社の経営や管理一般に関する企業法務業務のほかに、プロジェクトごとに工期・工程・金額・責任の所在など、日揮に不利益をもたらすリスクを排除することを念頭において、顧客やベンダー、サブコントラクターとの契約書を作成します。日本国内だけでなく、海外の相手企業と交渉に関わることもあり、会社の利益を損なわないよう、トラブルを回避するために、営業やプロジェクトなど各分野の意見を集約し、ときには社外の弁護士の協力を得ながら契約書を作成していきます。