JGC Global Engineering

General Manager, JGC Italy

INDEX

Q1 海外赴任のきっかけ、海外赴任にあたっての想いを教えてください

毎年の自己申告の希望職務に海外事務所もしくは海外のジョインベンチャーパートナーにおける執務希望を書き続けていたこと。日本とは異なる人種・言語・価値観・文化の中で執務を行うことにより、自身をスキルアップさせたいという想いが強かったです。

Q2  赴任先での仕事内容を教えてください

JGC Italyという日揮の欧州における調達拠点の代表として、欧州から買っている機材の納期確保・品質管理が主業務。2011年11月に赴任して以来、最も注力しているのが検査の最適化を通した機材品質の向上です。こうした主業務を欧州(フランス・イタリア・チェコなど)のスタッフと一緒に行っていますが、日本の本社からただ一人派遣された代表者として、欧州スタッフの人事的な管理から事務所の運営のための必要な事ことまで、とにかく仕事は多岐にわたります。

Q3 実際に現地で働いてみての印象は

とにかく何をするにも時間と手間がかかります。イタリア人が時間におおらかなことは有名ですが、約束の時間を守る、守らないという次元ではなく、市内であっても書留の配達に5営業日を要する、事務所に人がいるのに配達員が昇って配達する手間を惜しんで不在連絡票を入れて配達せずに帰ってしまうなど、日本では信じられないようなことが普通に起きます。先進国とは思えない非効率な社会システムが現存していることに苦労が絶えません。一方、多くの人々は非常に人懐っこく・フレンドリーで、人々の温かさに救われることも多いです。たとえば、冬の寒い日に、幼い息子を抱っこして歩いていたところ、突然、後ろから大柄のイタリア人の若者が走って駆け寄ってきたときには、一瞬身構えましたが、まくりあがっていた息子のズボンの裾を直して「寒いから気をつけて」と注意してくれ、心が温かくなったのを覚えています。 また、責任ある立場で働いてみて感じることは、人の上に立つことは大変な仕事であるということ。部下から見える上司は、ごく一面だけであったと身をもって感じています。

Q4 現地での仕事で達成感や自身の成長を感じたことは

赴任当初は言われたことを最低限こなすだけだったスタッフが、目的意識と使命感をもって自発的により高いレベルで業務に取り組む文化が形成されたことを感じられるようになったことに、最も大きな達成感を感じています。また、成長といえるかどうかわかりませんが、赴任以前にあった職務範囲の壁がなくなり、「どんな仕事だってやってやるさ」という自信がついたように感じます。

Q5 仕事を通してチームワークを感じていることは

問題が起こったときに形成される国・人種・文化・所属を超えたチームワークは日揮の強み。この原稿を書いている本日も、中東の現場・本社がある日本・JGC Italy・ベンダーが各々の専門性と経験を最大限に発揮し、メールや電話、面と向かった打ち合わせを組み合わせ高度に連携して、今まで経験したことがない技術と契約が入り交ざった難題の解決にあたっています。

Q6 今後、挑戦(成長)していきたいことは / チャレンジしたい仕事内容、キャリアは

物を買う側の仕事の反対側である営業に興味があります。一方で調達部に身を置いた人間として、プロジェクトプロキュアメントマネージャーとして見積から工事の完工まで一気通貫でプロジェクトを経験してみたいという気持ちもあります。また、イタリアでの執務を通じて品質管理に関する理解を深めたこともあり、品質管理にもチャレンジしてみたい、プロジェクトマネージャーとしてプロジェクト全体を運営してみたい、ととにかくチャレンジしてみたいことは数多くあります。

INDEX

現地での暮らしについて

日本との違いも含め、現地での暮らしをどのように楽しんでいますか

通常の週末は地元のサッカーチーム(アタランタ、一応セリエA)の試合観戦やロック・オペラのコンサートへ現地の友人・息子達と出かけています。さらに2~3カ月に一度ぐらいの頻度でイタリア国内もしくは欧州内を旅行して、各地の風景・建築物・文化・料理を楽しんでいます。これまでイギリス・フランス・スペイン・ポルトガル・オランダ・ベルギー・ドイツ・スイス・オーストリア・チェコ・マルタ・デンマークなど数多くの国に旅行しました。

グローバルでの活躍を希望する新卒学生にメッセージを

入社して海外勤務する醍醐味

人種・言語・価値観・文化の壁を打ち破ることは日本での勤務でも必要ですが、海外勤務というアウェイな環境で同じことを行うのはさらに難しいといえると思います。簡単な仕事はすぐに飽きますが、難しい仕事は飽きません。次々に湧き起こる難題にチャレンジできることが海外勤務の醍醐味だと思います。

1日の仕事の流れ

5:30
出社・業務開始(メール処理等の事務作業)
6:30
取引先へ出発
8:30
取引先に到着 ~ 打ち合わせ
16:00
メール処理等の事務作業と横浜本社/グループ各社との電話連絡
18:00
業務終了・帰宅