1. Top>
  2. メディアセンター>
  3. ニュースリリース2018>
  4. ナイジェリアLNGプラント拡張プロジェクトの基本設計役務を受注

ニュースリリース2018

2018/08/06

ナイジェリアLNGプラント拡張プロジェクトの
基本設計役務を受注

日揮株式会社(JGC CORPORATION)(代表取締役会長CEO 佐藤雅之、本社 横浜市西区みなとみらい2-3-1)は、米KBR社および英テクニップFMC社と共同で、ナイジェリアLNG社が計画するLNGプラント拡張プロジェクトの基本設計(FEED Front End Engineering Design)役務等を受注しましたのでお知らせします。プロジェクトの詳細は下記の通りです。

 

1. 契約先

ナイジェリアLNG

(出資者/出資比率:ナイジェリア国営石油公社/49%シェル社/25.6%、仏トタール社/15.0%、伊ENI社/10.4%

2. 役務内容:

LNGプラント拡張に関わるFEED およびEPC(設計・調達・建設)費用の見積り

3. 建設場所

ナイジェリア ボニー島

4. プロジェクトの概要

 

本プロジェクトは、現在、計6系列(年産約2,200万トン)が稼働するナイジェリアLNG社のLNGプラントに、第7系列を増設するとともに、既存系列向け共用ガス液化装置等の追加により、生産能力拡大を図るものです。

当社は、1997年から2007年にかけて米KBR社等と共同で、ナイジェリアLNG社が運営する既存6系列全てのLNGプラントのEPC役務を遂行してきた実績を有しており、本プロジェクトについても、LNGプラントに関わる高い設計能力や同社向けプロジェクトの遂行実績を活かし、EPC役務の受注を目指してまいります。

当社は、世界のLNG全生産量のうち約30%のLNGプラントの建設実績を持ち、現在オーストラリアおよびロシアにおける陸上LNGプラントに加え、マレーシア沖およびモザンビーク沖向けFLNGプラント(洋上LNG生産・貯蔵・積出設備)と、合計4件のLNGプラント建設プロジェクトを遂行中です。加えて当社は、昨年から本年にかけて、ジョーダンコーブLNGLNGカナダ、2件のプロジェクトを北米において相次ぎ受注し、顧客によるFID(最終投資決定)が行われ次第、両プロジェクトのEPC役務も開始していく予定です。

現在中国を中心とするLNG需要の拡大により、北米やアフリカにおける大型LNGプラントの新設のみならず、増設プロジェクトの商談も活発化するなかで、当社はLNG分野におけるトップコントラクターとして、今後も同分野における積極的な営業活動を展開し、その地位を揺るぎないものにしていく所存です。

 

関連情報