1. Top>
  2. CSR/HSSE>
  3. CSR

CSR

JGCの責任

JGCの責任

基本的な考え方

当社グループはその事業活動の基盤を、「世界を舞台に技術と知見を結集して人と地球の豊かな未来を創ります」という企業理念のもと、世界経済と社会の繁栄ならびに地球環境の保全に貢献し、社会と地球環境の持続可能な発展に寄与することと認識しています。
そして、事業を通じた持続的な社会の実現に向けて、ISO26000の中核主題と連動したCSR基本方針を策定するとともに、社会の一構成員(企業市民)としての役割を果たすため、様々なステークホルダーとの対話を図り、各活動を展開します。

環境への配慮

みなとみらい21地区の都市管理を基盤とした取り組み

横浜本社のある横浜市西区みなとみらい21地区は、「みなとみらい街づくり基本協定」に基づいた都市管理が行われており、省エネルギー化、リサイクル社会への対応、都市防災や周辺地域に配慮した街づくりとなっています。当社のオフィス活動に伴う環境負荷低減活動はこれらの基盤の上で実施されており、電力使用量削減、冷温熱使用量削減、エネルギー使用量削減、廃棄物削減、リサイクル率向上などに取り組んでいます。

地域社会への貢献

地域社会への貢献

社会貢献活動における4つの重点分野

当社は、日揮らしさを活かした社会貢献活動の重点分野を設定し、4つのテーマについて活動を推進しています。

環境    環境保全への積極的関与
教育    次世代の人材教育に寄与する活動への支援
科学技術 持続可能な発展の基盤となる科学技術への支援
地域貢献 当社が活動する地域の持続的な発展への貢献

従業員について

従業員について

JGCファミリーデー(子供の職場参観日)を実施

2009年より毎年1回、子供が親の職場や働く姿を参観する「JGCファミリーデー」を実施しています。子供の社会性、職業観を育むとともに、家族の仕事への理解を得ることを目的としたもので、従業員の子供たち(小学4~6年生)を対象に開催しています。2015年度には23名の子供たちが参加し、業務や会議などを体験しました。

取引先との関わり

取引先との関わり

「絶対安全輸送」に向けた取り組み

プロジェクト遂行にはロジスティックスが大きな鍵を握っています。なかでも大型のモジュールに代表される超重量物・超大型貨物を安全かつ確実に輸送するためには、当社の豊富な知見と「日揮ロジスティックス」を担当する者の大きな使命感および責任感が必要とされます。