1. Top>
  2. CSR/HSSE>
  3. HSSE

HSSE

HSE世界no.1コントラクターへ

HSE世界no.1コントラクターへ

近年はエネルギープラントなど大型プラント設備の設計・建設や操業に対し、事業者や社会による健康・安全・環境に対する関心が高まっており、コントラクターへの要求も厳しくなっています。当社は「HSE 世界No.1コントラクター」を目指し、その達成に向けて努力することで顧客の信頼を得るとともに、企業の社会的責任を果たしたいと考えています。

IIF活動

IIF活動

IIF活動とは、「建設工事に携わる誰もが、無事故で元気で家に帰る」、「お互いをケアする」という基本思想のもと、“安全は強制されるもの”ではなく、“自ら選択するもの”という一人ひとりの姿勢・意識の改革を通して、組織(集団)全体に安全文化を構築していく活動であり、当社の現場責任者から現場作業員に至るまで、すべての現場関係者が推進役となります。

PNG LNGプロジェクトがExxonMobil Safety Forumにて世界一認定

2014年10月13~14日、アメリカのヒューストンで開催されたExxonMobil Safety ForumにてPNG LNGプロジェクトを完工させた「千代田-日揮ジョイントベンチャー」が招かれ、「2013年 No.1 Safe Contractor」として表彰されました。これは同プロジェクトで2011年末から2年半にわたり当社が主導で開始し、その後、顧客と一体となって実施したIIF活動や現場安全文化の変革と達成された安全実績が、非常に高い評価を受けたためです。

社長主催の安全会議(HSSE Conference)を開催

社長開催の安全会議

当社では、2007年から毎年7月にHSSE強化策の一環として、社長主催のHSSE Conferenceを開催しています。役員、プロジェクト本部長、プロジェクト部長、プロジェクトマネージャーおよびコンストラクションマネージャーなど約240名が参加します。社長のオープニングスピーチ、プロジェクト無災害表彰の授与式に続いて、HSSEカルチャー醸成のためのいくつかのテーマについてプレゼンテーションを行い、出席者全員が議論をします。

社長のHSSEパトロール

社長のHSSEパトロール

当社では、毎年社長が海外の主要現場のHSSEパトロールを行い、現場で働くすべての人たちの安全意識の高揚を図っています。このパトロールの意義は、社長が自ら現場を訪問し、当社の高いHSSE意識をアピールすることにあります。このキャンペーンでは、客先、協力会社と一緒に安全意識を高めるための議論を行った後、社長自らが現場をパトロールし、現場の作業員と親しく交流することによって、安全文化の醸成と啓蒙活動を行います。

JGC Worldwide HSSE website