1. Top>
  2. CSR/HSSE>
  3. HSSE>
  4. 現場での衛生管理

現場での衛生管理

HSSE(衛生・安全・セキュリティ・環境)のHはHealth、すなわち衛生管理を指し、近年顧客の衛生管理に対する意識の高まりを受け、 国内外の建設工事現場におけるその基準・条件は、より広範かつ厳格になっています。
日揮(JGC)は、協力会社を含め、国内外の建設工事プロジェクトに従事する全ての関係者の衛生管理に対し責任を負っており、彼らが安心して、心地良く業務を遂行する上で、徹底した健康管理は、最も重要な要素の一つであると考えています。

今日の当社の活動領域は、日本国内のみならず、中東、北アフリカ、東南アジア、オーストラリアや南米など、
世界中に広がっており、要求される衛生管理の基準・条件はそれぞれの地域およびプロジェクトによって
大きく異なります。当社は各プロジェクトにおいて徹底した現地調査と健康リスクの分析(Health Risk Assessment)を行い、必要な体制、設備、薬剤、資器材などを見極め、数千人から1万人以上にも及ぶ従業員や作業員の衛生管理を行っています。

現在、当社では、主に以下の点に配慮し、プロジェクトを遂行しています。

  • ・ Health Risk Assessmentの実施と管理
  • ・ 渡航前の健康診断による健康状態の確認
  • ・ 医療施設の完備
  • ・ 医療スタッフ(医師や看護士)
  • ・ キャンプ管理
  • ・ 食事提供のためのスタッフ、設備の定期的な健康・衛生監査の実施
  • ・ 熱中症対策など、特に注意を要する疾病管理
  • ・ マラリア管理など感染症対応
  • ・ レクリエーション設備と定期的なイベント開催(スポーツなど)

また上記に加えて、従業員や現場の作業員が深刻な災害や疾病を被った場合の早急かつ適切な医療機関への搬送など、あらゆる可能性を想定した計画の準備および訓練を行っています。

当社は従業員や建設工事現場の作業員の健康的な労働生活を支えるために、幅広い見地から衛生管理計画を立案、実行し、改善に向けた継続的なモニターを行うことで、緊急時の対応も含め、安心した生活空間を提供できるように常に努力をしています。

キャンプでのイベント開催

キャンプでのイベント開催

マラリア予防対策

マラリア予防対策