日揮
 | 
ご注意事項
 | 
サイトマップ
 | 
 | 
お問い合わせ
 | 
HOME
 | 

日揮株式会社 ニュースリリース2011
 
プロジェクト情報

2011/12/02 ベネズエラで製油所拡張プロジェクトを受注

 

日揮株式会社(代表取締役会長兼CEO 竹内敬介、横浜本社 横浜市西区みなとみらい2-3-1)は、ベネズエラ国営石油公社から、当社をリーダーとし千代田化工建設株式会社およびイネレクトラ社(ベネズエラのエンジニアリング会社)の3社で構成されるコンソーシアムが、同国プエルト・ラ・クルス製油所向け重質油処理設備の詳細設計・調達支援・建設監理役務を受注したことを、お知らせします。詳細は以下の通りです。

1. 顧客名: ベネズエラ国営石油公社(PDVSA Petroleo, S.A.: PDVSA社)
2. 建設地: ベネズエラ・ボリバル共和国 プエルト・ラ・クルス地区
(首都カラカスの東約300Km)
3. 契約内容: 重質油処理設備(処理能力 日量210,000バレル)における中核設備の
詳細設計・調達支援・建設監理業務
4. 契約形態: コストレインバース方式(実費償還方式)
5. プロジェクトの概要:

本プロジェクトは、既存のプエルト・ラ・クルス製油所内にPDVSA社が独自開発した重質油分解プロセス(HDH Plus®)を基幹とする重質油処理設備一式を建設するものであり、同プロセス初の商業プラントとなります。同製油所は本設備の追加により、軽油を主体とした白油製品の大幅な収率アップが可能となり、有限資源である原油の効率的活用を実現する、ベネズエラにとって大きな意義を持つプロジェクトです。本プロジェクトに係る顧客の総投資額は、約USD 5 billionになるものと推測されます。

当社は、2007年に基本設計役務(Front End Engineering Design: FEED)を受注し、2008年には上記プロセスのコントラクターに選定されました。その後2010年には本プロジェクトに係る一部の詳細設計・調達支援業務を受注し、このたびプロジェクト全体に亘る詳細設計・調達支援・建設監理業務に係る契約締結に至ったものです。
当社が同プロセスの開発段階から商業化に至るまでの一連の業務を受注できた理由は、当社がPDVSA社向けプエルト・ラ・クルス製油所の近代化プロジェクト(2001年受注)および超重質油処理プラント(1998年受注)などを成功裏に遂行させた実績に加え、石油精製に関する高度なエンジニアリング技術力が、顧客に高く評価された結果であると考えています。

ベネズエラは、オリノコ地帯の重質油や超重質油の埋蔵量が確認され、2010年比で確認埋蔵量が約40%増加、これによりサウジアラビアの原油確認埋蔵量を超え、世界最大の原油埋蔵量を持つ国となっています(2011年7月の石油輸出国機構(OPEC)の発表資料による)。
世界一の原油埋蔵量を持つベネズエラは、当社にとって大変重要なマーケットであり、今後も活発な重質油・超重質油開発投資が期待できる同国において、引き続き積極的な営業活動を展開していく所存です。



 


お問い合せはこちら



[2017年] [2016年] [2015年] [2014年] [2013年] [2012年] [2011年] [2010年] [2009年] [2008年]

 
 
[PAGE TOP]
 
Copyright©from1996 日揮株式会社(JGC CORPORATION) All rights reserved.