日揮
 | 
ご注意事項
 | 
サイトマップ
 | 
 | 
お問い合わせ
 | 
HOME
 | 

日揮株式会社 ニュースリリース2011
 
事業展開情報

2011/01/06

日揮と日本IBMが都市インフラ支援で提携


  日揮株式会社
日本IBM株式会社


日揮株式会社(横浜本社: 横浜市西区、代表取締役会長兼CEO 竹内敬介、以下日揮)と日本アイ・ビー・エム株式会社(本社:東京都中央区、社長: 橋本孝之、NYSE: IBM、以下日本IBM)は、このたび都市インフラ・ビジネス開発について提携することに合意しました。これは、両社がインドにおけるデリー・ムンバイ間産業大動脈構想プロジェクトでの協業をさらに発展させるものです。

毎週世界で約100万人が都市に移り住み、世界の都市の人口は2050年までに倍増するだろう、と専門家たちは予測しています。今日、都市部では世界のエネルギーの約75パーセントが消費され、約80パーセント以上の温室効果ガスが排出され、漏水により約20パーセントの給水が失われているといわれています。都市が今後持続可能な成長を遂げていく上で、交通、エネルギー、水など都市機能として欠かせないサービスを提供する都市のインフラには、人口増加に伴う様々なニーズを把握し、応えることを可能にする豊富な情報や技術が必要となってきます。

自治体自らが新たな都市像を築こうという動きが活発化しつつある中、日揮と日本IBMは、日揮の海外での豊富なプロジェクト・マネージメントの実績、ならびに水、発電をはじめとするインフラ分野の事業運営力と、IBMが世界各地で支援している様々な都市インフラ支援、IT基盤構築の豊富な実績を、今回の協業を通じて活かしていきます。

両社は、各々の都市が抱える固有の課題の解決支援を目標に、今後、日本国内および都市人口の増加、発展が著しいアジア、中東、アフリカ地域を中心に、交通、エネルギー、上下水道など都市づくりを支える都市インフラの支援を行っていきます。





お問い合せはこちら



[2017年] [2016年] [2015年] [2014年] [2013年] [2012年] [2011年] [2010年] [2009年] [2008年]

 
 
[PAGE TOP]
 
Copyright©from1996 日揮株式会社(JGC CORPORATION) All rights reserved.