日揮
 | 
ご注意事項
 | 
サイトマップ
 | 
 | 
お問い合わせ
 | 
HOME
 | 

日揮株式会社 ニュースリリース2010
 
プロジェクト情報

2010/11/11 サウジアラビア法人が原油生産関連設備を受注

 

日揮株式会社(横浜本社: 横浜市西区、代表取締役会長兼CEO 竹内敬介)のサウジアラビア法人であるJGCガルフ・インターナショナル社は、サウジアラビアとクウェートの共同操業組織から、原油生産にかかわる付帯設備を受注しましたのでお知らせします。プロジェクトの詳細は以下の通りです。

1. 顧客名: カフジ共同操業機構(Al-Khafji Joint Operations)
サウジアラビアのアラムコ・ガルフ・オペレーションズ社(Aramco Gulf Operations Company)と、クウェートのクウェート・ガルフ・オイル社(Kuwait Gulf Oil Company)の折半出資による共同操業組織
2. 受注者名: JGCガルフ・インターナショナル社(JGC Gulf International Co., Ltd)
日揮100%出資のサウジアラビア法人
3. 建設地: サウジアラビア北部、クウェート国境に接するカフジ地区
4. 契約内容: 原油増産目的の水処理設備(17万bd)および
注水設備に係る設計、機材調達、建設工事(EPC)役務
(Construction of Water Treatment Facilities-Phase 3)
5. 契約形式: ランプサム(定額)一括契約
6. 受注金額: 約US1.5億ドル
7. プロジェクト概要:

本プロジェクトはサウジアラビア国営石油会社とクウェート国営石油会社が共同で操業中のカフジ油田向けに、原油と随伴ガスの増進回収を目的とする水処理設備および注水設備を建設するものです。設備完成は2013年を予定しています。

JGCガルフ・インターナショナル社は、中東・湾岸地域の案件を中心にプロジェクトを遂行するEPC子会社として2008年に設立された日揮のサウジアラビア法人です。同社は数多くのプロジェクト経験を持つ日揮が培った技術と知見を引き継ぐ組織として人員を拡大中です。本件についても、地域協力会社の最大活用や現地スタッフへの技術トランスファーを念頭に、積極的なプロジェクト遂行を実施する所存です。



 


お問い合せはこちら



[2017年] [2016年] [2015年] [2014年] [2013年] [2012年] [2011年] [2010年] [2009年] [2008年]

 
 
[PAGE TOP]
 
Copyright©from1996 日揮株式会社(JGC CORPORATION) All rights reserved.