日揮
 | 
ご注意事項
 | 
サイトマップ
 | 
 | 
お問い合わせ
 | 
HOME
 | 

日揮株式会社 ニュースリリース2010
 
事業展開情報

2010/09/27 インドネシアで低品位炭を原料とする石油代替燃料の普及を推進

 

日揮株式会社(代表取締役会長兼CEO:竹内敬介 横浜本社:横浜市西区みなとみらい2-3-1)は、インドネシアのシナルマス・グループ(Sinarmas Group)と共同で、同国の低品位炭を原料として石油代替燃料を製造する実証プラントの建設を開始しましたので、お知らせします。

世界第4位の人口(2億3,760万人)を持つインドネシアは、順調な経済発展が続いている一方で、同国の原油生産量は減少傾向にあり、2004年以降は原油の純輸入国に転じています。そのため、同国一次エネルギー源の主体は石油から石炭へシフトしつつあり、エネルギーの安定確保を重視する同国政府は国内石炭資源の積極的活用を推進し、特に国内炭のうち約8割を占める低品位炭の有効活用は、同国エネルギー政策課題の一つとなっています。

日揮は低品位炭を改質させる技術を開発し、このたびインドネシアの大手企業シナルマス・グループと共同で、ジャカルタ郊外のカラワン地区に低品位炭を原料とする石油代替燃料(JGC Coal Fuel: JCFTM)を製造する年産1万トン規模の実証プラント建設に着手しました。このプロセスは低品位炭を高圧熱水により改質させた後、液体状のスラリー(注)燃料に加工する日揮の独自技術です。9月25日にプラント起工式が実施され、完成は2011年10月末の予定です。

世界最大の石炭輸入国である日本は、かねてより主要な石炭供給国との間で重層的な協力関係の構築に取り組んでいます。日揮のJCFTM技術を用いたインドネシア低品位炭の有効活用は日本・インドネシア間の更なる関係強化への寄与が期待されることから、本事業は独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が実施する平成22年度(2010年度)「産炭国事業化実証・普及事業」の助成対象事業に選定されました。

新燃料JCFTMは石油製品と同様な取り扱いが可能で、発電や産業用ボイラーの石油代替燃料として利用が可能です。さらに今後は発電用エンジン、石炭ガス化、バイオマス燃料と組み合わせた適用も視野に入れています。JCFTM販売価格は、他のエネルギーと比較し、経済的優位があると試算されています。日揮およびシナルマス・グループは、本実証プラントを通じて技術検証を行うとともにJCFTMの普及に努め、今後低品位炭の資源権益確保からJCFTMの販売までのトータルチェーンでの大規模商業化に繋げてゆく方針です。

(注)スラリー: 粉末上の固体と液体の混合物。JCFは粉末状の石炭と水を混合させたスラリー。

   
 
  JGC Coal Fuel (JCFTM)
   


 


お問い合せはこちら



[2017年] [2016年] [2015年] [2014年] [2013年] [2012年] [2011年] [2010年] [2009年] [2008年]

 
 
[PAGE TOP]
 
Copyright©from1996 日揮株式会社(JGC CORPORATION) All rights reserved.