日揮
 | 
ご注意事項
 | 
サイトマップ
 | 
 | 
お問い合わせ
 | 
HOME
 | 

日揮株式会社 ニュースリリース2010
 
事業展開情報

2010/09/03 スペインで太陽熱発電事業を実施
  —日本企業初の太陽熱発電事業への参画−

 

日揮株式会社(代表取締役会長兼CEO:竹内敬介 横浜本社:横浜市西区みなとみらい2-3-1)は、スペインのアベンゴア・ソーラー社(Abengoa Solar)と共同で、同国における新規太陽熱発電事業の実施を決定しましたので、お知らせします。

本事業は、スペイン南部コルドバ地区(Cordoba)に50MWの太陽熱発電所2基(合計100MW)を新たに建設し、同国内向けに売電する事業です。発電所の建設および事業運営は当社が26%、アベンゴア・ソーラー社が74%を出資する新事業会社を通じて実施します。操業は2012年からを予定し、電力買取りは温暖化ガス削減と再生可能エネルギー促進を目的としてスペインで法制化されている優遇買取価格制度であるFeed in Tariffが適用されます。本事業は日本企業による初の商業用太陽熱発電事業となります。

総事業費は約5億ユーロ以上の規模が見込まれ、このうち3億5,000万ユーロは三井住友銀行、香港上海銀行、みずほコーポレート銀行、BNPパリバ銀行によるプロジェクト・ファイナンス融資を受ける予定です。また、独立行政法人 日本貿易保険が本事業に対して地球環境保険枠を適用し、海外事業資金貸付保険の付保を行う予定です。

太陽熱発電は太陽光エネルギーを鏡で集光、オイルなどの熱媒体を集熱設備で加熱、その加熱された熱媒体で蒸気を発生させ蒸気タービンを駆動する発電方式です。化石燃料をほとんど使用しない為、温暖化ガス削減に貢献する発電方式として世界的に注目されています。本事業により約52,000世帯分の一般家庭用電力が賄われ、年間63,000トンの温暖化ガス削減に貢献します。

当社は設計・調達・建設(EPC)ビジネスで培った多様な技術や知見を活かし、アラブ首長国連邦、サウジアラビアの発電・造水事業、中国の海水淡水化事業、フィリピンのバイオエタノール製造・発電事業などに参画しています。多くのプロジェクトマネジメント経験に加え、今回の事業を通じて太陽エネルギー発電の事業ノウハウと技術知見を深め、環境と地域への貢献を視野に、新たな事業投資の展開に注力します。

アベンゴア・ソーラー社
アベンゴア・ソーラー社はスペイン アベンゴア社(Abongoa S.A.)の子会社として太陽エネルギーに関する事業・技術開発に特化した会社です。既に発電容量として193MWの太陽熱発電プラントを稼働させており、450MW分を建設中です。
www.abengoasolar.com
アベンゴア社は1941年に設立されたスペイン証券取引所の上場会社です。太陽エネルギー、バイオエネルギー、環境、IT、インフラ分野の設計・建設という5つのビジネスユニットに分かれており、70ヵ国以上で実績を保有しています。
www.abengoa.com



 


お問い合せはこちら



[2017年] [2016年] [2015年] [2014年] [2013年] [2012年] [2011年] [2010年] [2009年] [2008年]

 
 
[PAGE TOP]
 
Copyright©from1996 日揮株式会社(JGC CORPORATION) All rights reserved.