日揮
 | 
ご注意事項
 | 
サイトマップ
 | 
 | 
お問い合わせ
 | 
HOME
 | 

日揮株式会社 ニュースリリース2010
 
事業展開情報

2010/04/08 フィリピンで大規模バイオエタノール製造・発電事業を実施

 
日揮株式会社
伊藤忠商事株式会社


日揮株式会社(横浜本社: 横浜市西区、代表取締役会長兼CEO 竹内敬介)および伊藤忠商事株式会社(本社: 東京都港区、代表取締役社長 岡藤正広)は、フィリピン事業パートナーと共同で、フィリピン最大級のバイオエタノール製造、および電力供給事業に着手いたしましたのでお知らせいたします。事業の概要は以下の通りです。

1. 事業概要: サトウキビを原料とするバイオエタノール(54,000kl/年)の製造・販売事業、およびサトウキビ残渣(バガス)を燃料とする火力発電(最大19MW)による電力販売事業
2. 事業場所: フィリピン共和国ルソン島イザベラ州(マニラより北へ約400km)
3. 事業者 : 日揮および伊藤忠商事を主体にフィリピン事業パートナーも加えた出資者にて設立される新事業会社GREEN FUTURE INNOVATIONS, Inc. (GFII社)
4. 販売開始時期: 2012年2月
5. 事業背景:

フィリピンでは2009年2月にBio-Act-Lawが施行され、自動車用ガソリンにバイオエタノールを現行で5%混合することが義務化されており、2011年には10%を混合することが義務化される見込みです。また、バイオエタノール利用に際しては国内産の優先使用が義務付けられています。しかしながら、現在の同国内バイオエタノール生産量は必要量を大幅に下回る状況にあります。

日揮および伊藤忠商事は、数年前より同国内バイオエタノール事業に関する基本スキームの構築を開始しました。その後、サトウキビ農地の確保(11,000ha)および収穫計画、製造プラント設備、プロジェクトファイナンス構築、販売先の確保など事業の詳細検討を続け、このたび新事業会社GFII社を設立し、事業の最終投資決定に至りました。

本件はフィリピン最大規模のエタノール製造設備となります。また、同国では2010年内に新エネルギー発電法が施行され、各種再生可能エネルギーによる電力供給を優遇する制度が準備されています。バガスを燃料とする電力は同国において再生可能エネルギーとして認定されることから、本エタノール製造設備にバガス燃料による発電設備を併設し、余剰電力の外販も実施します。

本事業で使用するサトウキビの栽培により、現地では約3,000世帯の継続的な雇用創出が期待されるとともに、バガス発電は同国の環境負荷低減につながり、同国の電力不足解消の一助となります。



 


お問い合せはこちら



[2017年] [2016年] [2015年] [2014年] [2013年] [2012年] [2011年] [2010年] [2009年] [2008年]

 
 
[PAGE TOP]
 
Copyright©from1996 日揮株式会社(JGC CORPORATION) All rights reserved.