日揮
 | 
ご注意事項
 | 
サイトマップ
 | 
 | 
お問い合わせ
 | 
HOME
 | 

日揮株式会社 ニュースリリース2009
 
プロジェクト情報

2009/06/08 アルジェリアで大型ガス処理設備の建設プロジェクトを受注

 

日揮株式会社(代表取締役会長兼CEO 重久吉弘、横浜本社 横浜市西区みなとみらい2-3-1)は、日揮のアルジェリア法人であるJGCアルジェリア社と共同で、アルジェリア国営炭化水素公社(ソナトラック社)が同国ガシツュイユ地区で計画している大型ガス処理設備の建設プロジェクトを受注しましたのでお知らせします。

1. 契約先: アルジェリア国営炭化水素公社
(ソナトラック社: Sonatrach)
2. 建設地: アルジェリア国 ガシツュイユ(Gassi Touil)地区
(首都アルジェから南南東に1,000km離れた内陸部)
3. 契約内容 : 天然ガス収集設備、ガス収集パイプライン、
セールスガス/LPG/コンデンセートの分離回収装置、
パイプライン、その他付帯設備等に係る設計、機材調達、
建設工事および試運転役務
4. 契約形式: ランプサムターンキー契約
5. 契約金額: 約15億USドル
6. 納期: 2013年前半
7. プロジェクトの概要:  

本プロジェクトは、アルジェリアの主要な原油・ガス鉱区の一つであるガシツュイユ地区において、複数の生産井から産出される日量1,200万立方メートル(12 MMSCMD)の天然ガスを収集・分離する設備、ならびに分離されたセールスガス・LPG・コンデンセートを近隣の既設パイプラインに送るためのパイプラインを建設するものです。これら製品は沿岸部まで輸送された後、LNGなどとして輸出、もしくはアルジェリア国内で使用される予定です。

当社は1969年に同国アルズー地区における製油所の建設プロジェクトを受注して以来、40年に亘ってソナトラック社向けに多数のプロジェクト実績を有しています。現在も、本プロジェクトの建設地から南に約100km離れたルードヌース地区にて、昨年7月に受注した原油・ガス処理設備建設プロジェクトを遂行中です。

当社は同国における豊富な経験と最新の知見を有するエンジニアリング会社として、今後も積極的な受注活動を展開するとともに、JGCアルジェリア社のプロジェクト遂行能力の強化を通じて、同国の産業発展に貢献していく所存です。





お問い合せはこちら



[2017年] [2016年] [2015年] [2014年] [2013年] [2012年] [2011年] [2010年] [2009年] [2008年]

 
 
[PAGE TOP]
 
Copyright©from1996 日揮株式会社(JGC CORPORATION) All rights reserved.