日揮
 | 
ご注意事項
 | 
サイトマップ
 | 
 | 
お問い合わせ
 | 
HOME
 | 

日揮株式会社 ニュースリリース2009
 
プロジェクト情報

2009/01/19 オーストラリア・イクシスLNGプロジェクトの基本設計役務を受注

 

日揮株式会社(代表取締役会長兼CEO 重久吉弘、横浜本社 横浜市西区みなとみらい2-3-1)は、米国KBR社および千代田化工建設株式会社と共同で、国際石油開発帝石株式会社がオーストラリアで進めているイクシスLNGプロジェクトの基本設計役務(FEED: Front End Engineering and Design)を受注いたしましたのでお知らせ致します。プロジェクトの詳細は以下の通りです。

1. 契約先: INPEX Browse, Ltd
(国際石油開発帝石㈱が設立した
当該プロジェクト遂行会社)
2. イクシスLNGプロジェクト
事業出資構成:
INPEX Browse, Ltd 76%(オペレーター)
Total E&P Australia 24%
3. 建設場所 : オーストラリア 北部準州 ダーウィン
(Darwin, Northern Territory, Australia)
4. 契約: 年産800万トン超のLNGプラント
(LPG年産160万トン、コンデンセート日量1.5万バレルを
含む)、ユーティリティ、オフサイト、マリン設備、
インフラストラクチャーなどに係わる基本設計役務。
5. 遂行体制: 日揮、KBR、千代田化工建設からなる
3社ジョイントベンチャーで実施。
日揮がジョイントベンチャーリーダーを務める。
6. 契約形式: コスト・レインンバーサブル(実費精算)契約
7. プロジェクトの概要:  

イクシスLNGプロジェクトは、ダーウィンから850km西方のインド洋オフショアのガス田(イクシスガス・コンデンセート田)から生産される天然ガスをLNG、LPGおよびコンデンセートとして出荷するプロジェクトです。オペレーターの国際石油開発帝石(株)にとっては、日本のエネルギーセキュリティーへの貢献が期待される最重要案件であり、オーストラリアにとっては、輸出振興、雇用促進の観点から自国産業を発展させ、さらに日本−オーストラリア間の関係を一層緊密にするプロジェクトという位置づけにあります。

なお、業務は日揮横浜オフィスを中心に、千代田化工横浜オフィス、KBRパースオフィスの3拠点を連携して遂行する予定です。

日揮、KBRおよび千代田化工建設は、LNGプラント建設において世界シェアの大部分をしめるMajor LNG Contractorsであり、今後もこうした意義あるプロジェクトへの参画に注力する所存です。





お問い合せはこちら



[2017年] [2016年] [2015年] [2014年] [2013年] [2012年] [2011年] [2010年] [2009年] [2008年]

 
 
[PAGE TOP]
 
Copyright©from1996 日揮株式会社(JGC CORPORATION) All rights reserved.