日揮
 | 
ご注意事項
 | 
サイトマップ
 | 
 | 
お問い合わせ
 | 
HOME
 | 

日揮株式会社 ニュースリリース2008
  

お問い合せはこちら



[2017年] [2016年] [2015年] [2014年] [2013年] [2012年] [2011年] [2010年] [2009年] [2008年]
プロジェクト情報

2008/03/19

東京都 精神医療センター(仮称)の整備運営事業者に選定される
- 国内エンジニアリング会社による初の病院PFI事業 -


 

日揮株式会社(代表取締役会長兼CEO: 重久吉弘 横浜本社:横浜市西区みなとみらい2-3-1)は、東京都が実施する「精神医療センター(仮称)整備運営事業」に、東京電力株式会社、尾瀬林業株式会社と共同して応札し、このほど落札者に選定されましたのでお知らせします。本事業はPFI(Private Finance Initiative)方式により実施されます。今後は、特別目的会社を設立し、施設整備、ならびに約15年間の施設維持管理および運営・調達業務を行う予定です。
   
  主な事業概要は以下の通りです。
   
 
1.
事業者(出資比率): 日揮(90%)、東京電力(9%)、尾瀬林業(1%)
上記出資比率で特別目的会社を設立する
2.
実施方式: PFI法(民間資金等の活用による公共施設等の整備等の促進に関する
法律)に基づき、新規施設のBTO(Build-Transfer-Operate)、および既存施設のRO(Rehabilitate-Operate)を実施する
3.
建設地: 東京都世田谷区上北沢(現、都立松沢病院)
4.
施設概要: 病院(病床数897床)
5.
施設規模: 新棟、社会復帰棟など合計約69,000m²
6.
事業日程:
都との基本協定書締結 2008年3月末
都との契約締結 2008年中
施設の設計・建設 2009年から約5年間
施設維持管理・運営・調達 2012年〜2027年
   
 

本事業は、東京都がPFI手法を導入して、わが国の精神医療の先導的な役割を果たしている現都立松沢病院を全面的に改修し、新たに精神医療センターとして整備するものです。日揮は30年前より医療分野のプロジェクトに参入し、基本構想立案から設計、建設、医療機器調達、情報システム導入など幅広いサービスを提供し、数多くの医療分野プロジェクトマネジメント実績を有しています。今回はこれら蓄積されたエンジニアリング手法を基に、病院建築と病院運営を統合した建築設計、業務統合の提案を行い、このたびの選定となりました。

共同事業者となる東京電力はエネルギー供給、省エネルギーの推進活動を担当します。また、東京電力の子会社である尾瀬林業は、尾瀬国立公園の自然環境保護のノウハウを活かし、現在の豊かなキャンパスの緑の再編成・保全に貢献する予定です。

なお、本事業は施設整備費、ならびに15年間の施設維持管理、運営・調達業務費の合計で735億円程度を見込んでいます。

   
 
  精神医療センター(仮称)の完成予想図
   


お問い合せはこちら



 
 
[PAGE TOP]
 
Copyright©from1996 日揮株式会社(JGC CORPORATION) All rights reserved.