1. Top>
  2. 実績>
  3. GTLプラント(ラスラファン地区)

GTL

GTLプラント(ラスラファン地区)

Featured Project

カタール

当社は、カタール国において、カタールシェルGTL社より、パールGTLプロジェクトに係わる事業化調査(FS: Feasibility Study)、基本設計役務(FEED)、および設計・機材調達・建設管理(EPCM)役務を受注しました。パールGTLプラントは、石油代替燃料、GTL(Gas to Liquids)を生産するプラントとして、2012年に完成した世界最大のGTLプラントです。GTLは、天然ガスを原料とする液体燃料で、石油製品の代替燃料として利用されており、これら石油製品と比較し高効率な燃焼特性と、硫黄分・アロマ分を含まないことから、より環境に優しい次世代エネルギーとして注目されています。

当社は、プラント内の主要設備のEPCM役務を担当したほか、米国KBR社と共同で、プロジェクト全体のマネジメントを行い、プロジェクトを成功裏な完成に導くなど、GTLプラント建設におけるリーディングコントラクターとして、その地位を確立しました。

プラント建設のピーク時には、約60ヵ国から、5万人以上の労働者が、高い安全意識のもと、プラント建設作業に携わっていました。顧客のリーダーシップのもと、当社は「Incident and Injury-Free」(IIF)プログラムを展開し、現場作業員の安全意識を徹底することで、7,290万時間という、当社史上過去最長となる無事故無災害記録を樹立しました。当社の工事安全に対する姿勢とその成果は顧客からも高く評価され、以後、他のプロジェクトで採用・展開されています。

顧客名 カタールシェルGTL社
場所 カタール国ラスフラファン地区
完工年 2012年
役務範囲 EPCM
キャパシティ 140,000BPD

関連情報

  • メディアセンター
    最新のニュースリリース、
    各種ブローシュアなどを
    ご覧いただけます。